サイト内
ウェブ

強い台風15号 関東に接近・上陸へ あす夜は急な嵐

  • 2019年9月7日
  • tenki.jp

台風15号は強い勢力で8日(日)夜から9日(月)にかけて関東地方の沿岸にかなり接近し、上陸する恐れ。関東や東海では8日夜から急に暴風が吹き、台風本体の雨雲がかかる。広く厳しい暑さ。

強い台風15号 8日(日)夜〜9日(月) 関東地方に接近・上陸の恐れ

強い台風15号は、7日(土)午後6時現在、父島の北を時速30キロで北西へ進んでいます。中心気圧は960ヘクトパスカル、風速25メートル以上の暴風域を伴っています。今後も北西へ進み、8日(日)は八丈島付近を北へ進む見込みです。海面水温27度以上の所を通り、強い勢力を保ったまま、8日(日)夜から9日(月)にかけて関東地方の沿岸にかなり接近、上陸する恐れがあります。

東海・関東・東北 急に暴風や強雨

画像B

台風15号は、雲域が比較的小さい台風です。関東や東海に、台風周辺の発達した雨雲が、8日(日)昼頃からかかるでしょう。日中は、風は特に強く吹くことはない見込みです。台風15号が接近する夜から、そよ風が急に猛烈な風に変わる恐れがあります。
台風本体の雨雲も、東海や関東に8日夜からかかるでしょう。東海は9日未明にかけて、関東は9日昼頃にかけて、暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。
東北の太平洋側南部では9日、海上を中心に大荒れとなる恐れがあります。暴風や高波に警戒して下さい。
8日に予想される最大瞬間風速は、伊豆諸島60メートル、関東地方50メートル、東海地方45メートルと、走行中のトラックが横転するほどです。小笠原諸島35メートルです。
8日午後6時までに予想される24時間雨量は、伊豆諸島150ミリ、東海地方80ミリ、その後9日午後6時までに予想される24時間雨量は、東海地方300から400ミリ、関東甲信地方、伊豆諸島200から300ミリ、東北地方100から200ミリです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。
台風の進路によっては、潮位が高まる可能性があります。伊豆諸島の海岸や河口付近の低地では浸水や冠水にご注意下さい。関東地方でも9日は高潮の恐れがあります。

暖かく湿った空気は西日本にも 熱帯低気圧が東シナ海を北上

画像C

8日(日)から9日(月)にかけて、九州から近畿にも南東から台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、午後を中心に大気の状態が不安定になる見込みです。近畿や四国の太平洋側を中心にあちらこちらで雨雲や雷雲が発達するでしょう。
また、東シナ海を熱帯低気圧が8日から9日にかけて北上する見込みです。この熱帯低気圧周辺の暖かく湿った空気と、南東からの風がぶつかる所では、特に雨雲が発達しやすいでしょう。沖縄や九州北部を中心に、激しい雨が降る所がある見込みです。

真夏の暑さ 最高気温35度以上の猛暑日も

8日(日)から9日(月)にかけて、日本列島は上空1500メートル付近で気温18度以上の真夏並みの暖気に覆われる見込みです。最高気温は、北海道でも30度を超える所があり、全国的に真夏並みでしょう。特に、8日は日本海側で湿った空気が山を越えて気温が上昇するフェーン現象の影響で高温が予想されます。山陰から東北の日本海側で最高気温が35度くらいの所がある見込みです。9日は、関東や東海で最高気温は35度くらいの所がある予想です。

2005年台風11号 三浦半島を通過・千葉市付近に上陸 雨量500ミリ超

2005年の台風11号は、8月26日午前2時過ぎに強い勢力で三浦半島を通過し、午前4時半頃に千葉市付近に上陸しました。25日には、関東南部や静岡県、伊豆諸島で日降水量が200ミリを超え、神奈川県箱根町で528ミリを観測しました。この台風の影響で、住家の破損や床上浸水、停電、断水などの被害が発生しています。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp