サイト内
ウェブ

北海道 行楽はいつがチャンス?

  • 2018年5月4日
  • tenki.jp

大型連休も残すところ2日。北海道では、明日(5日)は道央や道南方面は行楽にはまずまずの日和となります。明後日(6日)は、午後から広く雨が降るため、行楽は午前がおすすめです。

5日は?

明日(5日)こどもの日は、北海道の北を低気圧が通過し、大気の不安定な状態が続きます。道北では午前を中心に、道東方面は午後を中心に雨が降り、一時的に雷を伴って雨脚の強まる恐れがあります。道央や道南方面は明け方まで雨の降る所はありますが、日中は曇り空で、薄日が差したり、晴れ間の出る所もあるでしょう。外出の際は、道北は午後、道東は朝がおすすめです。道央や道南方面は、日差しが少ないながらも、行楽にはまずまずの日和となります。
最高気温は全般に13度前後と、平年並みか5度前後低い所が多くでしょう。日差しも少ない地域が多く、風もやや強いため、鯉のぼりは元気に空を泳ぎますが、寒く感じられるでしょう。

6日は?

明後日(6日)は、日本海に進む低気圧から気圧の谷がのびてきます。午前中は曇り空で経過する所が多くなりますが、昼頃には道南方面から天気が崩れてくるでしょう。午後は次第に全道的に雨となるため、外出は午前がおすすめです。
最高気温は、15度前後の所が多くなります。平年並みに戻りますが、日差しが少なく、行楽などには物足りない陽気となりそうです。
5日、6日とも、道央や道北ではシラカバ花粉が多く飛ぶ予想となっており、花粉症の方はしっかりと対策が必要です。
曇りや雨のすっきりしない天気は7日頃まで続くでしょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp