サイト内
ウェブ

近畿 台風10号に関する警戒事項

  • 2019年8月14日
  • tenki.jp

台風10号が四国の南の海上をゆっくりと北上しています。近畿地方は14日18時の時点で南部の全域と中部の一部が強風域に入っています。16日にかけて台風の影響が長く続くため、警戒が必要です。

雨風ともに警戒が必要

画像A

台風10号の近畿地方への最接近は15日午後の予想です。ただ、台風の強風域が大きく、またゆっくりと北上しているため、雨風の影響は接近前から出ています。紀伊半島の南東斜面では降り始めからの雨量が300ミリを超えている所があります。また、14日夕方には南部の全域と中部の一部が強風域に入りました。南部と中部では、16日にかけて大雨による土砂災害や浸水害に厳重な警戒が必要です。南部の沿岸部では高波にも厳重に警戒してください。また、全域で河川の増水や暴風に、沿岸部では高潮にも警戒が必要です。

早めの安全確保を

画像B

近畿地方では、15日午後には全域で雨風ともに強まる予想ですが、一番荒れている時に避難するのは大変危険です。「早めに避難、明るいうちに避難、一人でなく声を掛け合って避難」を心がけてください。また、緊急の際は建物の上の階に移動するなど「垂直避難」を意識するようにしてください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp