サイト内
ウェブ

北海道 オホーツク海側 気温急落

  • 2018年5月1日
  • tenki.jp

今日(1日)の道内の最高気温は、札幌や旭川など、日本海側を中心に平年より4度ほど高いですが、昨日よりは低めの気温となります。昨日、真夏並みの暑さとなったオホーツク海側では、昨日との気温差が20度近くになる所もある見込みです。

オホーツク海側 平年並みに戻る

昨日、全国で最も気温が上がり、道内としては今年初めて真夏日となった網走地方の女満別空港では、今日よりも20度ほど気温が下がり、最高気温は11度くらいの見込みです。その他のオホーツク海側も昨日より17度前後低い所が多くなります。平年並みとはなりますが、昨日の暑さに触れた体には物足りなく感じられるでしょう。これから外出する方は服装選びに注意が必要です。

札幌 シラカバ花粉 多く飛ぶ

札幌では、今日の最高気温は17度くらいで、昨日よりは8度前後低くなりますが、平年よりは高めの気温です。日差しに恵まれて、日中はシラカバ花粉が飛びやすいでしょう。今週の中では、飛ぶ量が最も多くなりそうです。花粉症の方は外出の際にはマスクなどで万全の対策をするとともに、屋外から室内に入る前に上着などについた花粉をよく払うことも必要になります。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp