サイト内
ウェブ

台風は朝鮮半島へ上陸か 西日本で大雨警戒

  • 2019年7月20日
  • tenki.jp

台風5号はこのあと今夜には朝鮮半島に進む見込みです。台風の進行方向の右側にあたる九州など西日本を中心に大雨に警戒が必要です。

台風5号は朝鮮半島へ 日本付近にも影響続く

画像A

きょう20日(土)午前6時現在、台風5号は朝鮮半島の西にあって、1時間におよそ25キロの速さで北上しています。このあと今夜には朝鮮半島へ上陸する見込みです。台風の進行方向の右側にあたる九州では風と雨が強まりそうです。特に台風に近い九州北部では非常に強い風が吹いて、海は大しけとなるでしょう。何かにつかまっていないと立っていられないほどの風が吹きますので、不要不急の外出は避けたい所ですが、避難する際には、飛来物がないかどうか、周囲の状況をよく確認して行動してください。

1時間に80ミリの猛烈な雨も 土砂災害に厳重警戒

西日本では台風周辺や太平洋高気圧からの暖かく湿った空気の流れ込みが続き、大雨になるでしょう。あす21日(日)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、九州北部で180ミリ、九州南部と四国地方で150ミリの予想です。きょう20日(土)からあす21日(日)にかけてさらに雨の量が増える所がありそうです。長崎では多い所で1時間に80ミリもの猛烈な雨の降る所があるでしょう。息苦しくなるような圧迫感があり、恐怖を感じるような強さの雨です。土砂災害の危険が非常に高まっている地域もありますので、自治体から発表される情報をよく確認し、早めの避難を心がけるようにしてください。

東日本も曇りや雨 湿度高くムシムシ

画像C

東日本も雨の降りやすい一日です。梅雨前線が朝鮮半島付近から関東の東海上にかけて東西に延びるでしょう。前線は夜には不明瞭になりますが、高気圧からの暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。東日本や北日本は晴れ間の出る所もありますが、雲が多く、所々でにわか雨がありそうです。日中は気温が上昇し、最高気温は30度前後まで上がる所が多いでしょう。そのため、大気の状態が不安定となりますので、山沿いを中心に落雷や突風、ひょうなどにご注意ください。また各地で湿度が高く、蒸し暑くなりますので、風通しを良くしてお過ごしください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp