サイト内
ウェブ

西日本 引き続き大雨警戒 避難情報に注意

  • 2019年6月30日
  • tenki.jp

梅雨前線の活動が活発化し、西日本では九州を中心に大雨となっています。このあとも梅雨前線は本州付近に停滞し、同じような所で大雨が続く恐れがあります。特に九州ではこの24時間の雨量がすでに250ミリを超えている所があり、熊本県、大分県、鹿児島県の一部には土砂災害警戒情報が発表されています(30日午後1時現在)。お住まいの地域の自治体が発表する避難情報に注意し、早めの避難を心がけてください。

活発な雨雲の流れ込み続く

画像A

大雨の続いている西日本では30日13時現在、九州で雨の降り方が強まっていて、特に熊本県や鹿児島県付近では同じような所に活発な雨雲が流れ込んでいます。活発な雨雲が線状に並んで、滝のような雨が同じような所で数時間降り続くと、土砂災害などの危険が高まります。

土砂災害警戒情報発表中 早めの避難を

画像B

活発な雨雲がかかり続けている九州では、30日正午までの24時間に熊本県南阿蘇村で259.5ミリの雨が降るなど、24時間の雨量が250ミリを超えている所があります。30日午後1時現在、熊本県や大分県、鹿児島県には土砂災害警戒情報が発表されています。土砂災害警戒情報は「警戒レベル」に当てはめると「警戒レベル4・全員避難」に相当する情報です。このあとも自治体から発表される避難情報に注意し、危険が差し迫る前の早めの避難を心がけてください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp