サイト内
ウェブ

スギ花粉 本州最北の青森で飛散開始 昨年より早い

  • 2019年3月9日
  • tenki.jp

青森県五所川原で、6日(水)スギ花粉の飛散開始となりました。昨年、青森県で最も早かったのは青森市で3月13日。本州最北の青森県内では昨年より1週間早い飛散開始となりました。

いよいよ本州の最北まで花粉シーズンに

青森県五所川原市で、6日(水)スギ花粉の飛散開始となりました。※飛散開始日は1平方センチメートル当たり1個以上の花粉が連続して2日以上観測された初日の日。
青森県ではスギ花粉の観測を青森市、八戸市、弘前市、むつ市、五所川原市で行っています。昨年、最も早かったのは青森市で3月13日、次いで弘前市と五所川原市で14日、八戸市で15日、むつ市で17日でした。青森県内での飛散開始は、昨年より1週間早くなりました。

花粉に特に注意が必要な日は?

これで、スギ花粉前線は本州の最北まで達したことになります。(北海道はシラカバ花粉)。九州から東北にかけて広く花粉症対策が必要です。特に気をつけたい日は、強風または暖かい風が吹く日、湿度が低く乾燥した日、気温が高い晴れまたは曇りの日、雨上がりの翌日よく晴れて風の強い日です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp