サイト内
ウェブ

週間 週末頃は傘必要 花粉飛散は本格化へ

  • 2019年2月12日
  • tenki.jp

この先は、日本付近を高気圧や低気圧が目まぐるしく通過していきます。週末頃は低気圧の影響で太平洋側でも傘の出番の所があるでしょう。また、寒さ対策とともに、そろそろ花粉対策を本格化させる必要がありそうです。

あすの天気 冬型続く

画像A

あす13日(水)も日本付近は冬型の気圧配置が続きそうです。太平洋側は広く日差しが届くでしょう。ただ、九州南部では気圧の谷や湿った空気の影響で、午前中は雨となりそうです。日本海側は寒気の影響が続き、雪や雨が降るでしょう。北陸と、東北の日本海側では降り方や風の強まることがありそうです。最高気温は、九州から関東は10度前後でしょう。東北南部は5度に届かない所が多く、東北北部と北海道は真冬日となる所が多いでしょう。厳しい寒さが続きそうです。

あさって以降の天気 週末頃に雨や雪

冬型の気圧配置は14日(木)頃に緩み、15日(金)頃になると日本海と日本の南をそれぞれ低気圧が通過する予想です。晴れる日が多い太平洋側でも、15日(金)から16日(土)頃は雨の降る所がありそうです。最新の予測では平野部で雪にならない予想ですが、低気圧の進むコースによっては雪に変わる可能性もあります。今後の気象情報にご注意下さい。なお、日本海側では寒気や低気圧の影響で、雪や雨の日が多いでしょう。

あさって以降の気温 この先も寒さ続く

この先もしばらく寒さが続きそうです。九州から関東の寒さの底となるのは15日頃で、東京都心でも最高気温が10度を下回る予想です。朝の冷え込みも厳しく、都心でも氷が張るくらいでしょう。朝晩は路面の凍結にご注意下さい。なお、北海道では最低気温が氷点下5度以下となる日が続くでしょう。水道の凍結にもお気を付け下さい。

そろそろ花粉の飛散が本格化

画像D

すでに目の痒みや鼻のムズムズが始まっている方もいらっしゃると思いますが、そろそろ本格的な花粉対策が必要となりそうです。早くも、福岡ではスギ花粉の飛ぶ量が「多い」予想も。マスクやメガネで花粉を体内に取り込まない、服についた花粉は家に入る前に払い落とすなど、花粉症対策をしっかりと行いましょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp