サイト内
ウェブ

十三夜の月に木星が接近、水星と火星も見頃です。月と惑星を楽しもう

  • 2022年10月5日
  • tenki.jp

日没が日に日に早まり、深まる秋を感じる頃。南の夜空には木星と土星が輝き、明け方の東空では水星が観測の好機を迎えます。夜半前の東の空には、明るさを増して赤く光る火星の姿。見頃を迎えた惑星と月の接近も見逃せません。十三夜には、金色に輝く木星と月の華やかな共演を楽しみたいですね。
今回は、10月に注目したい星空情報をご紹介します。

【10月5日〜9日】月と2つの惑星、一等星の共演。8日は十三夜のお月見です

10月上旬は南東から南の夜空が華やか。マイナス2.9等前後の明るさの木星、0.5等前後で穏やかに光る土星が目を引き、2つの惑星の間を下に辿ると秋の1等星フォーマルハウトも輝いています。

5日から9日にかけては、満月に向けて輝きを増す月の姿が見られます。月は5日と6日には土星に近付き、8日と9日には木星の近くに移動します。8日は旧歴9月13日にあたる「十三夜」。「後(のち)の月」と呼ばれ、日本ではこの夜もお月見をする習慣があります。今年の十三夜は、美しく輝く木星と月の共演を楽しみたいですね。

木星の左側に移動した月は、10日に満月となります。強い輝きを放つ木星と満月が並ぶ光景は、ひときわ目を引く眺めとなるでしょう。

画像:国立天文台
画像:国立天文台


【10月6〜13日】水星を観測するチャンス!日の出前の空に注目

水星が9日に西方最大離角となり、観測の好機を迎えます。地球から見て、内惑星(水星・金星)が太陽から西側にいちばん離れた時を「西方最大離角」、東側に離れた時を「東方最大離角」と呼びます。

6日からの1週間、水星は日の出30分前の高度が10度を超えます。水星の観察が可能なのは、日の出前か日の入り後のわずかな時間。最大離角の頃には、水星が見かけ上太陽から最も大きく離れるため、観察しやすい時期となります。

視界が開けている場所から、真東よりやや南寄りの低空を眺めてみましょう。水星の明るさは0.0等からマイナス0.8等。空がまだ暗いうちに観測を始めると、見つけやすいでしょう。

画像:国立天文台
画像:国立天文台

【10月14・15日】明るさを増している火星と月が接近

宵の頃、東の空から昇ってくる火星は、夜半前に明るさを増します。14日の夜には、マイナス0.8等の火星に月が近付きます。月の右側にはアルデバラン、その下に目を移すとベテルギウスが赤く輝いています。火星と赤い2つの星にも注目してみましょう。15日も月と火星の接近を楽しむことができます。火星の右上に見えていた月は、火星の左側に移動します。

12月1日に地球と最接近する火星。今後、ますます明るさを増していき、10月末にはマイナス1.2等の輝きになります。



・参考文献
『アストロガイド 星空年鑑 2022』 アストロアーツ

・参考サイト
国立天文台「ほしぞら情報(2022年10月)」

画像:国立天文台
画像:国立天文台

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp