サイト内
ウェブ

紅葉前線 北海道からスタート!/北海道の紅葉スポット(1)

  • 2022年9月25日
  • tenki.jp

9月も下旬になり、北海道ではそろそろ紅葉の便りが聞こえてくるころになりました。紅葉前線は、北海道らしい雄大な大自然が残る山岳地帯などからはじまり、10月、11月と徐々に南下していきます。そこで今回は、紅葉前線のトップを切る北海道の紅葉スポットを4か所ご紹介します。
紅葉狩りには『tenki.jp 紅葉見ごろ情報』『tenki.jp お出かけスポット天気』の情報も、ぜひお役立てください。

※外出の際は、手洗い、咳エチケット等の感染対策や、『3つの密』の回避を心がけましょう。
※新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出の自粛を呼び掛けている自治体がある場合は、各自治体の指示に従いましょう。
※お出かけの際は、各施設、イベントの公式ホームページで最新の情報をご確認ください。

大雪山 旭岳/ロープウェイで見る山岳の紅葉。1時間の散策コースも

大雪山国立公園は北海道のほぼ中央に位置します。その主峰であり、北海道で最高峰でもある旭岳では、日本一早く紅葉を楽しむことができるといわれています。標高2291m。8月の終わりごろから山頂付近が赤く色づきはじめ、9月下旬まで麓にかけて徐々に紅葉が広がっていきます。
北海道の最高峰というと、山に登るには重装備をしなければ…、と想像してしまいますが、標高1100mの山麓駅から1600mの姿見駅まではロープウェイがあるので、ガチガチの登山の装備は必要ありません。ロープウェイの乗車時間はおよそ10分間。見下ろすと、眼下に広がる雄大な紅葉。赤いナナカマド、黄色いダケカンバ、橙色のオガラバナ、そして、ところどころに緑色。まるで絵の具を流し込んだような紅葉は、まさに絶景です。
姿見駅からの散策コースは1周1.7km、所要時間は1時間ほど。五つの展望台と姿見の池などをまわることができます。どこを見ても北海道の山岳らしい広大な紅葉。この時期ならではの人気スポットです。

大雪山 旭岳ロープウェイ
■所在地:上川郡東川町旭岳温泉
■問い合わせ:0166-68-9111
※詳細は公式サイトをご参照ください。

道北の紅葉見ごろ情報
道北のお出かけスポット天気


知床五湖/世界遺産の神秘の湖が極彩色に。散策ルートで大自然を堪能

北海道らしい大自然が広がる知床。知床五湖は、知床連山を背景とした原生林に点在する五つの湖です。流入する川も流出する川もなく、そのたたずまいは神秘的。五つの湖には固有の名前はなく、一湖、二湖、三湖、四湖、五湖とよばれています。多くの野生動物が生息し、ヒグマの爪痕やクマゲラの食痕などが見られる自然豊かな湖は、秋になると周囲が赤や黄色に染まり、極彩色に映える湖面の光景は圧巻です。
五つの湖をめぐるには二種類の散策ルートがあります。一つは「高架木道」。全長約0.8km、往復で1.6kmのコースで、バリアフリーなのでベビーカーや車いすもOK。無料なので、自由に気軽に散策できます。もう一つは「地上遊歩道」。全周1.6kmの小ループと、全周3.0kmの大ループがあり、散策前にチケット(大人250円)の購入とレクチャー(約10分)の受講を済ませた後に個人散策ができます。
知床五湖は世界遺産のエリア内にあり、秋の時期は、大自然の生態系と紅葉の両方を一度に楽しむことができます。神秘的な湖の紅葉、一度は堪能してみたいですね。

知床五湖
■所在地:斜里郡斜里町大字遠音別村字岩宇別
■問い合わせ:0152-24-3323
※詳細は公式サイトをご参照ください。

道東の紅葉見ごろ情報
道東のお出かけスポット天気

阿寒湖/神秘の湖。遊歩道や観光船で周れる。撮影スポットは滝見橋

阿寒摩周国立公園は、阿寒湖をはじめ、屈斜路湖(くっしゃろこ)、摩周湖、神の子池などの湖沼をふくむ国立公園で、雌阿寒岳(めあかんだけ)や雄阿寒岳(おあかんだけ)のほか、硫黄山などの火山も多く、原生林に覆われた地域一帯は、まさに北海道らしい大自然を感じることができます。
澄んだ青空のもと、この雄大な大自然が赤や黄色に色づく紅葉は圧巻ですが、中でも見ごたえがあるのがマリモで有名な阿寒湖。外周26kmのカルデラ湖で、数々のアイヌの伝説が残る、まさに神秘の湖。阿寒湖温泉街から、原始林を散策できるボッケ遊歩道を行けば、エゾリスなどの動物に出会えることも。また、マリモ展示観察センターなどを巡る遊覧船に乗れば、湖上から間近に紅葉を眺めることもできます。
オススメ紅葉スポットは、雄阿寒岳の麓にある滝見橋。国道沿いにあるので、手軽に撮影できます。

阿寒湖
■所在地:釧路市阿寒町阿寒湖温泉
■問い合わせ:0154-67-3200
※詳細は公式サイトをご参照ください。

道東の紅葉見ごろ情報
道東のお出かけスポット天気

旭川 神居古潭/縄文遺跡やアイヌの人々の伝説が残る、神秘的な渓谷

旭川の神居古潭(かむいこたん)地区は、石狩川が石狩平野へと流れていく途中の渓谷にあります。地名はアイヌ語の「カムイ(神)」「コタン(集落)」に由来し、古くからアイヌの人々の聖地とされてきました。
伝説によると、神居古潭は、上川アイヌの人々に悪さをした魔神ニッネカムイが、英雄神サマイクルの刀で成敗されて、それが岩になったという場所で、峡谷には「魔神の足跡」ともいわれる甌穴群(おうけつぐん)や奇岩が点在します。擦文時代の竪穴住居跡やストーンサークルなども存在するこの地は、秋になるとナナカマドをはじめ、ミズナラ、カエデなどが色づき、渓谷が極彩色に彩られます。
石狩川にかかる木製の吊り橋は色が白いので、紅葉とのコントラストが美しく、写真映えすること間違いなし。また、吊り橋から眺める渓谷の紅葉も圧巻で、こちらも撮影ポイントとして人気があります。橋を渡り遊歩道をのぼった先の公園には、蒸気機関車が展示されているほか、昭和40年代まで利用されていた神居古潭駅が復元され、当時の写真が展示されています。
擦文時代の住居跡や、アイヌの人々の伝説が残る神秘的な渓谷、神居古潭。国道からも近いので、手軽に行ける紅葉スポットです。

神居古潭
■所在地:旭川市神居町神居古潭
■問い合わせ:0166-25-7168
※詳細は公式サイトをご参照ください。

道北の紅葉見ごろ情報
道北のお出かけスポット天気

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp