サイト内
ウェブ

東日本大震災で活きた防災教育「津波避難の三原則」 釜石市の児童から学ぶ生き抜く力

  • 2022年3月10日
  • tenki.jp

東日本大震災の発生からまもなく11年目を迎えます。大津波によって2万人以上の尊い命が失われました。しかし、岩手県釜石市では「津波避難の三原則」が、迫る大津波から数多くの命を守った、という事例が記録されています。

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)

2011年3月11日午後2時46分、東北地方の太平洋沖を震源としたM9.0の超巨大地震が発生しました。「東北地方太平洋沖地震」と命名され、日本で近代的な地震観測が始まってから最大規模の地震となりました。この地震によってもたらされた災害のことを「東日本大震災」と呼んでいます。震災の4年後になりましたが、一度自分の目で被災地を確認したく宮城県、福島県を訪れました。まだ手付かずの状態で整備されておらず、広い範囲が更地であることに驚いたのを覚えています。東日本大震災の発生から今年で11年目を迎えます。地震の被害のほとんどが津波によるもので、主に大津波で2万人以上の尊い命が失われました。

岩手県陸前高田市気仙町の奇跡の一本松 震災4年後の2015年8月に撮影
岩手県陸前高田市気仙町の奇跡の一本松 震災4年後の2015年8月に撮影


「津波の高さ」と「遡上高」

東日本大震災では、三陸沿岸から関東沿岸にかけての広範囲が山のような大津波に襲われました。沿岸を襲った津波の高さは、高い所で10mから15m以上に達し、岩手県宮古市の重茂姉吉地区では、40.4mの遡上高を記録しました。
気象庁が津波予報で発表する「津波の高さ」は、海岸付近での津波の高さを指します。
一方で「遡上高」は、津波が陸地を駆け上がった際の高さのことで「遡上高」は海岸付近での「津波の高さ」の2倍〜4倍にも達することがあり、V字谷のような特殊な地形の場所では更に高くなることがあります。
津波予報で、予想される津波の高さが数十cmと発表されても、場所によっては1m以上の高さまで津波が到達する場合があります。決して油断せず、津波予報発令中には迅速な避難行動を意識しましょう。
出典:気象庁ホームページ 津波発生と伝播のしくみ

釜石市の防災教育「津波避難の三原則」

津波から命を守るために一番にとるべき行動は「素早い避難」です。
東日本大震災の大津波が東北地方の沿岸部に甚大な被害を及ぼした中、岩手県釜石市内の児童・生徒の多くが無事であった事例が「釜石の出来事」として記録されています。
これは群馬大学大学院の片田敏孝教授が提唱する「津波避難の三原則」を忠実に実行した結果であったと言えます。
津波避難の三原則
第一「想定にとらわれるな」
第二「最善をつくせ」
第三「率先避難者たれ」

津波避難の三原則「想定にとらわれるな」

三原則の中で一番大事なことは、第一の「想定にとらわれるな」です。
例えば各地域で作成している「ハザードマップ」等に記載されている警戒情報は、「あくまで予想」と考えるべきです。端的に言えばハザードマップを信じるなということになります。ハザードマップを見ても意味がないというわけでは決してなく、ハザードマップで例えば自宅が浸水想定区域から外れていても、決して油断するな。という意味です。なぜならば、ハザードマップに示される通りに津波がくるとは限らないからです。自分で状況を把握し、行動することが大事です。相手は自然でありどんなことが起こるか分かりません。自分の居る場所がハザードマップでは安全と判断される場所であっても油断しないことです。

津波避難の三原則「最善をつくせ」

第二の「最善をつくせ」とは、ここまで逃げられればもう大丈夫。と一時的に避難した場所が一番安全な場所とは考えず、より安全な場所に避難できるかを考え、その時にできる最善を尽くして避難行動をすることです。
釜石東中学校では、地震後の停電のため、校内放送での避難の呼びかけができなくなりましたが、危険を察知した生徒たちが「逃げろ!」と大声で声をかけあったことで、日頃から一緒に避難訓練をしていた中学生が一斉に避難し、その様子を見て、隣の小学校の児童らも、また、近隣住民も即座に避難することにつながったそうです。保育園児らの避難を中学生が手伝いながら、できる限りの高台を目指したそうです。ハザードマップの想定にとらわれて避難所を決めていたら、とても生き延びることができないところまで津波が迫っていたのです。

津波避難の三原則「率先避難者たれ」

第三の「率先避難者たれ」とは、通常私たち人間は「自分は被害に遭わないだろう」と考えがちで、いざという時になかなか「逃げる」という行動ができないそうです。
これは、正常性バイアス(自分にとって不利な情報は無視するという人間の基本的な心理特性)という心理が関係していて、なかなか避難するという行動に移せずにとどまってしまうそうです。
ただ、津波は少しでも避難を躊躇すれば、犠牲になってしまいます。自分が「率先避難者」となり、いち早く行動することで、周囲も同調して避難する。結果みんなの命が救われる。ということにつながるという教えです。
釜石市の津波防災教育のように、自然とどう向き合うべきか、日頃からその姿勢を育む教育や訓練によって、生き延びた命があります。地震などの危機にどう立ち向かうべきか想定しておくことはとても大切であると感じました。災害発生時はほとんど行動ができなくなると考えて、安全なうちに、まずは、自宅の防災について考え、整えておくことから始めておきましょう。
出典:内閣府ホームページ 津波から命を守る
参考文献 特定非営利活動法人 日本防災士機構 防災士教本より引用

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp