サイト内
ウェブ

夜景がきれいなデートスポットをご紹介!〈関西編〉

  • 2019年11月14日
  • tenki.jp

肌に感じる風も日ごとに冷たくなり、秋が一気に深まっています。令和元年も残り1カ月半となりましたが、冬の一大イベントといえばクリスマスが思い浮かびますよね。ちなみに、春、夏、秋、冬の中で「恋人がほしくなる季節」の堂々1位は「冬」だそう。
そこで今回は、そろそろクリスマスミュージックがかかり始める頃ということもあり、関西の夜景がきれいなデートスポットをご紹介! 恋人はもちろん、家族や気の合う仲間と、美しい夜景観賞にお出かけしてみませんか?

信貴生駒スカイライン(奈良県生駒市)

大阪と奈良の県境にあり、生駒山と信貴山の稜線をまたがる「信貴生駒スカイライン」。ここは言わずと知れた関西有数の夜景のメッカですが、その人気の理由は、道沿いに夜景を堪能できる駐車場が多数あり、停車させた温かい車内から夜景を満喫できる点にあります。
なかでもおススメのスポットは、駐車場に併設された広場から夜景を一望できる「パノラマ展望台」、鐘を鳴らすと幸せになれるというジンクスがある「希望の鐘」が目印の「鐘の鳴る展望台」、さらに「十三峠駐車場」など……。
オフィシャルサイトには、MAPつきの夜景観賞スポットが紹介されていますので、アクセスを確認のうえ、ぜひ訪れてみましょう!
信貴生駒スカイライン
■所在地/奈良県生駒市
■アクセス/【車】奈良市内からは約25〜30分、大阪市内からは高速道路を利用して約30分
※営業は天候など諸事情によって変わることがありますので、詳しくは信貴生駒スカイラインオフィシャルサイトをご確認ください

「信貴生駒スカイライン」から望む、美しい夜景
「信貴生駒スカイライン」から望む、美しい夜景


六甲山 天覧台(兵庫県神戸市)

六甲山「天覧台」(六甲山上展望台)は、六甲ケーブル「六甲山上」駅からすぐの好立地にある六甲山の展望台です。遠くは大阪平野部〜和歌山方面までの壮大な景色を観賞できることから、日本夜景遺産にも選定された観光名所としても有名ですね。
そうした立地だけあり、夜になると無数のイルミネーションがきらめき、1000万ドルの夜景といわれているロマンチックな景観が楽しめます。また、大人気の六甲山上の夜景スポットをめぐる、”ケーブルカーで行く「六甲山1000万ドルの夜景ガイドツアー」”など、楽しそうなイベントが多種開催されていますので、 ホームページをチェックして、お出かけしてみては!
六甲山 天覧台
神戸市のお出かけスポット天気
■所在地/兵庫県神戸市灘区六甲山町一ヶ谷1-32
■アクセス/【電車】六甲ケーブル「六甲山上」駅下車すぐ
※営業は天候など諸事情によって変わることがありますので、詳しくは六甲山ポータルサイトをご確認ください

六甲山「天覧台」からの夜景
六甲山「天覧台」からの夜景

梅田スカイビル(大阪府大阪市)

新梅田シティ内「梅田スカイビル」の屋上「空中庭園展望台」からは、大阪市内のビル群が光を発する美しい摩天楼を一望できます。
梅田スカイビルでは、季節ごとにさまざまなイベントを開催していますが、これからの季節は、「梅田スカイビルXmas 2019」や「カウントダウン年越し営業(予定)」も開催。夜景観賞ついでにイベントに参加してみませんか!
梅田スカイビル
■所在地/大阪府大阪市北区大淀中1-1-88
■アクセス/【電車】JR「大阪」駅・阪急電鉄「大阪梅田」駅・地下鉄御堂筋線「梅田」駅から徒歩約10分
※営業は天候など諸事情によって変わることがありますので、詳しくは梅田スカイビル・空中庭園展望台オフィシャルサイトをご確認ください

「梅田スカイビル」から望む、美しい摩天楼
「梅田スカイビル」から望む、美しい摩天楼

京都タワー(京都府京都市)

京都府のシンボルである「京都タワー」。地上100メートルの5階の展望室からは、世界遺産や国宝の神社など、京都市街地を360度ぐるっと一望できます(設置された望遠鏡は無料で使用可能!)。
また「タッチパネル式観光案内モニター」は、京都の観光名所の情報を検索できるほか、名所へのアクセスガイドが受けられたり、自分のスマホに情報を無料でダウンロードできるスグレモノ。日本初の動くQRコードを活用したモニターをぜひ利用してみてくださいね。
そのほか、タワー内には和菓子体験教室や京都土産が購入できるお店、飲食店、大浴場などもありますので、興味のある方はこちらもぜひチェックを。
京都タワー
■所在地/京都府京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1
■アクセス/【電車】JR「京都」駅から徒歩約2分
※営業は天候など諸事情によって変わることがありますので、詳しくは京都タワーオフィシャルサイトをご確認ください

<注意事項>
■写真はイメージです
■各施設を利用する際のルールや、営業日時・料金・イベントなどの詳細は、お出かけ前に公式サイトなどで最新の情報を必ずご確認ください

京都府のシンボル「京都タワー」
京都府のシンボル「京都タワー」

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp