サイト内
ウェブ

寒いからこそ美しい/イルミネーション特集2018〈東北〉

  • 2018年11月28日
  • tenki.jp

11月も下旬になり、年末が近づいてきました。冬至に向かって日没の時間がどんどん早くなっています。気温が下がり風が冷たくなり冬本番を迎えると、気分もなんとなく沈みがちですが、暗い気分をパッと明るくしてくれるのがイルミネーションです。この時期は街のあちこちで光のイベントも催されています。暗くて寒い時期だからこそ明るく映えるイルミネーションは、これから冬に向かう東北を明るく照らしています。

仙台市「SENDAI光のページェント」/160本のケヤキがライトアップ

昭和61年(1986)に市民ボランティアによって始まった仙台の冬の風物詩。当時は30万球でしたが、33回目を迎える今年は60万球のLEDで彩られます。今年のテーマは「みんなで灯す、心の明かり」。市民一人ひとりの夢と希望の光が仙台市内で輝きます。
12月14日〜25日には、電飾された華やかなページェントカーが、定禅寺通周辺を走行します。また、仙台はフィギュアスケート発祥の地であることから、勾当台公園市民広場のステージ前に屋外アイスリンクが設置されます(12月7日〜25日)。21:00までオープンしているので、イルミネーションを見ながら滑ることができます。
〈SENDAI光のページェント〉
◆場所:定禅寺通
◆期間:12月14日(金)〜31日(月)
◆電飾数:60万球
◆スターライト・ウインク:毎日18時、19時、20時に1分間の消灯後、一斉に再点灯される。
◆Sendai Winter Park〜クリスマスマーケット〜:7日〜25日 市民広場
公式サイト


秋田・横手市「雪国・横手のイルミネーション」/4地域でスタンプラリー

横手市の大雄・大森・十文字・平鹿の4つの地域で、それぞれ華やかな電飾が施されます。各地域の点灯式を回り、スタンプを2個以上集めて応募すると、抽選で地元の特産品が当たります。
〈雪国・横手のイルミネーション〉
【第1弾】大雄イルミネーション
◆場所:ゆとりおん大雄前
◆期間:11月24日(土)〜12月24日(月祝)
◆時間:17:00〜23:00
◆点灯式:11月24日(土) [終了]
【第2弾】おおもりケヤキ並木イルミネーション
◆場所:大森地域局前
◆期間:12月1日(土)〜2019年1月6日(日)
◆時間:17:00〜23:00
◆点灯式:12月1日(土) 17:00〜
【第3弾】十文字イルミネーション
◆場所:十字の里
◆期間:12月8日(土)〜2019年1月14日(月・祝)
◆時間:17:00〜22:00
◆点灯式:12月8日(土) 17:00〜
【第4弾】第31回 槻の木光のファンタジー
樹齢約500年、高さ35m、横手市平鹿町のシンボルツリー「槻の木」が3万5000球の光のラインでデコレーションされ、巨大なクリスマスツリーに変身します。
◆場所:旧平鹿地域局そば
◆期間:12月15日(土)〜2019年1月13日(日)
◆時間:17:00〜24:00
◆点灯式:12月15日(土) 17:30〜 ※点灯カウントダウンは18:00(予定)
公式サイト

岩手県「小岩井ウィンターイルミネーション 銀河農場の夜」/東北最大級!!

100万球の電飾を使った東北最大級のイルミネーション・イベント。小岩井農場の園内のいたるところがイルミネーションで彩られます。期間中はレストランや食堂に農場ならではの特別メニューがお目見え。また、毎週土曜日と連休日には花火が打ち上げられます。広い農場全体がイルミネーションで華やぐのは、この時期ならでは。家族で出かけてみてはいかが。
〈小岩井ウィンターイルミネーション 銀河農場の夜〉
◆期間:11月23日(金)〜2019年1月14日(月)
◆時間:15:00〜20:00(花火開催日は21:00まで)
◆電飾数:100万球
◆入場料:大人800円 子ども300円
【光のゲート】7万球のLED。銀河農場の夜への出発口
【ウェルカムトンネル】全長20mの光のトンネルが新登場
【レインボートンネル】全長45mのレインボーカラーの光のトンネル
【SLトンネル】全長35m。シャンパンゴールドのトンネルを抜けると…
【100m光のトンネル】カラフルなトンネルが初登場
【光のトラクター】2万球の電飾をまとったトラクターに乗って写真撮影OK
【モミの木ツリー】巨大なモミの木のクリスマスツリー
【かまくらイルミ】中に入って撮影OK
公式サイト

会場のシンボル、本物のD51を電飾!!
会場のシンボル、本物のD51を電飾!!

青森・十和田市「アーツ・トワダ ウィンター イルミネーション2018」/アートと光のコラボ

十和田市の官庁街通り全体をひとつの美術館に見立てて多様なアート作品を展開していく「Arts Towada」計画。十和田市現代美術館は、その中核となる施設です。常設展は、オノ・ヨーコやロン・ミュエクなど、世界で活躍する33組のアーティストによるコミッションワークにより構成されています。
12月になると、このモダンな美術館のアート広場に青い電飾がほどこされます。30万球の青いLEDが光のじゅうたんのように広場全体を覆いつくし、幻想的な世界を演出します。まさに、「アートと光のコラボレーション」。草間彌生やインゲス・イデーなどさまざまなアート作品が青い光の中に浮かび、昼間に見る作品とはまったく違う表情を楽しむことができます。
〈アーツ・トワダ ウィンター イルミネーション2018〉
◆期間:12月7日(金)〜2019年2月24日(日)
◆時間:16:30〜21:00 ※初日の7日は17:50〜点灯式
◆場所:十和田市現代美術館前 アート広場
◆電飾数:30万球
公式サイト

(写真はイメージです)
(写真はイメージです)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp