サイト内
ウェブ

日本海の雲に注目 寒気の強さの目安

  • 2018年11月24日
  • tenki.jp

日本付近に到来した冬将軍は退散準備中。この冬将軍の動向、日本海に広がる雲から読み取ることができます。

冬型の気圧配置緩む〜寒気は北上

画像A

きのう23日(金)は冬型の気圧配置が強まり、日本の上空には強い寒気が流れ込みました。日本海側を中心に雪が降り、青森県の酸ケ湯ではきのう一日で積雪が30センチ以上増えるなど、大雪となった所がありました。一方、きょう24日(土)は冬型の気圧配置は緩み、日本海側の雨や雪も弱まってきました。

日本海の「筋状の雲」に注目

画像B

大陸から強い寒気が吹き出したときには、日本海や東シナ海等に筋状の雲が広がることが多くなります。冷たい空気によって日本海で積雲が次々と発生するためで、衛星画像をみると筋状に雲が写ります。大陸からの寒気の吹き出しの強弱によって現れ方も異なり、発生地点が大陸の海岸から近いほど、強い寒気が吹き出しているといえます。きのうときょうの衛星画像を見比べると、きょうはきのうよりも日本海の筋状の雲が減り、雲の発生地点が大陸の海岸からも離れているのがわかります。寒気の吹き出しが弱まっていることを現しているといえます。「強い寒気」「冬将軍」という言葉が出てきたときは、日本海の雲に注目してみてください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp