サイト内
ウェブ

2週間天気 今週後半この時期として強い寒気が南下 季節加速 先島諸島は台風に注意

  • 2023年10月2日
  • tenki.jp

この先は異例の残暑は収まるでしょう。今週後半、北日本や東日本付近には、この時期としては強い寒気が流れ込む見込みです。北海道の山や峠では雪が降る所もあるでしょう。関東以西も朝晩はヒンヤリする日がありそうです。一方、沖縄の先島諸島には台風14号が接近する恐れがあります。

この時期としては強い寒気が南下 季節が進む

画像A

4日(水)から5日(木)にかけて低気圧が北海道の北を進み、低気圧から延びる前線が北日本付近を通過するでしょう。6日(金)から7日(土)頃は一時的に西高東低の気圧配置になる見込みです。5日(木)の夜以降は次第に北日本や東日本付近にこの時期としては強い寒気が流れ込むでしょう。北海道北部の上空1500メートル付近には0℃以下の寒気が入る予想です。北海道や東北は荒れた天気となり、山や峠では雪の降る所がありそうです。峠越えの車は路面状況の変化にご注意ください。初冠雪の便りも届きそうです。

本州付近は秋晴れの日が多いですが、4日(水)頃と9日(月:スポーツの日)頃は本州の南の前線の影響で、太平洋側を中心に雨の降る所があるでしょう。

最高気温は全国的に平年並みの日が多くなるでしょう。北海道は5日(木)以降は20℃に届かず、日中も上着が必要になりそうです。9日(月:スポーツの日)の最低気温は札幌市で一桁と、冷えるでしょう。関東から九州でも厳しい残暑は収まり、最高気温は30℃に届かない所がほとんどとなる見込みです。最低気温も都市部などで15℃くらいまで下がり、朝晩は肌寒くなるでしょう。

台風14号 沖縄の先島諸島に接近の恐れ

画像B

台風14号は、3日(火)から4日(水)にかけて非常に強い勢力で沖縄の宮古島や石垣島など先島諸島に接近する恐れがあります。

先島諸島の沿岸の海域ではうねりを伴って、2日(月)はしけや波が高く、3日(火)から大しけとなるでしょう。先島諸島では4日(水)から5日(木)頃にかけて警報級の高潮となる恐れもあります。海岸付近には近づかないようにしてください。沖縄本島地方の沿岸の海域でも3日(火)からしけるでしょう。

また、先島諸島では2日(月)は夜から風が強く吹き、3日(火)は台風の影響で非常に強い風が吹く見込みです。4日(水)は台風の進路等によっては、暴風となる恐れがあります。台風周辺の活発な雨雲や雷雲のかかる所もあるでしょう。落雷や突風、急な強い雨にも注意が必要です。

爽やかな秋晴れの日が多い

画像C

10日(火)以降は本州付近は秋晴れの日が多いでしょう。沖縄は10日(火)と13日(金)は雨が降りそうです。

10日(火)以降も最高気温は平年並みとなるでしょう。日中は爽やかな陽気になりそうです。最低気温も平年並みで、札幌市では一桁の気温の日が多く、冷えるでしょう。関東から九州も朝晩はヒンヤリして、東京都心では15℃くらいまで下がる日が多くなりそうです。

今年は9月も厳しい残暑が続きましたが、この先は季節がグッと進みます。体調を崩さないよう、服装で上手に調節してください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp