サイト内
ウェブ

2週間天気 土日はカラっとした晴天 ようやく秋らしく 来週は次第に蒸し暑さ戻る

  • 2023年9月22日
  • tenki.jp

あす23日(土・秋分の日)は日本海側を中心に晴れて、次第に秋の空気に。24日(日)は広く秋晴れとなり、関東以西もカラッとした陽気。来週も前半を中心に晴れる所が多いですが、次第にムシムシ感が出てきそうです。

23日(土)〜29日(金)

画像A

あす23日(土・秋分の日)は、日本海側は晴れる所が多いでしょう。太平洋側も日差しが届きますが、関東甲信や九州南部は所々で雨が降りそうです。

24日(日)は高気圧に覆われ、広い範囲で秋晴れとなります。乾いた空気に包まれ、カラッとした陽気に。東海から西では最高気温が30℃以上の真夏日となる所がありますが、これまでのような不快な蒸し暑さはなさそうです。朝晩はしのぎやすく、ようやく「秋」を感じられるでしょう。

25日(月)から28日(木)にかけても晴れる所が多いですが、北海道や東北は低気圧や前線の通過に伴い、雨の降る日がありそうです。再び暖かく湿った空気が流れ込みやすくなり、ムシムシ感がアップ。関東甲信や北陸から九州で真夏日地点が増加して、日中は蒸し暑さが戻るでしょう。

29日(金)頃からは日本海に秋雨前線が延びて、全国的に曇りや雨となりそうです。

30日(土)〜10月5日(木)

画像B

30日(土)は秋雨前線が南下し、雨の降る所が多いでしょう。この雨の後は、また比較的涼しい空気が入ってきそうです。10月はじめは各地で日差しが届きますが、日中は暑くても朝晩はヒンヤリすることがあるでしょう。

季節は行きつ戻りつ進んでいきます。この先は関東以西でも半袖だけでなく、長袖シャツや、カーディガンや薄手のジャケットなどの羽織る物が必要になるでしょう。天気予報では日中の気温だけでなく、朝晩の気温もチェックして服装選びをするとよさそうです。

なお、南の海上では熱帯低気圧などの熱帯擾乱が発生する予想もあり、10月に入っても台風シーズンが続く可能性があります。最新の情報をご確認ください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp