サイト内
ウェブ

全国週間 天気も気温も変わり目 金曜日頃は大雨のおそれ 土曜日と日曜日は行楽日和

  • 2023年9月19日
  • tenki.jp

明日20日(水)は西から秋雨前線が近づき、22日(金)にかけて本州付近を南下するでしょう。この雨を境に秋の空気に入れ替わりそうです。23日(土・秋分の日)と24日(日)は全国的に秋晴れになり、行楽日和でしょう。朝晩を中心に涼しくなってきますので、服装でうまく調節してください。

明日20日(水) 西から秋雨前線近づく 北は寒冷前線通過

画像A

今日19日(火)は関東甲信から九州を中心に日差しが照りつけて、厳しい残暑が続きました。全国で一番気温が上がった所は埼玉県鳩山町で、35.8℃でした。東京都心では今年87回目の真夏日(最高気温が30℃以上)になり、記録更新中です。
9月後半に入っても記録的な暑さが続いていますが、この先は本州でも秋の訪れを感じられそうです。そのカギとなるのが、「秋雨前線」とその北側にある「移動性高気圧」です。

明日20日(水)は西から秋雨前線が近づき、北日本付近を寒冷前線が通過する見込みです。秋雨前線は、南側に「夏の空気」、北側に「秋の空気」があり、季節を分ける前線です。

明日は西日本では天気がゆっくりと下り坂で、午後は所々で雨が降りそうです。前線が近づく九州北部や中国地方では、夜は雨の降る所が多いでしょう。
関東甲信や北陸から北海道は寒冷前線の影響で、雨の降る時間がありそうです。局地的にはカミナリを伴って、道路が冠水するほどの激しい雨が降るでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに注意や警戒をしてください。

秋雨前線南下 22日(金)頃は大雨のおそれも

画像B

21日(木)から22日(金)にかけては夏の高気圧が弱まり、秋雨前線が本州付近を南下する見込みです。天気も気温も変わり目です。
九州から東北では、雨の降る所が多いでしょう。前線上を低気圧が進むため、九州北部から北陸では雨の降り方が強まり、大雨になるおそれがあります。最新の気象情報にご注意ください。
最高気温は30℃以上の所が一気に少なくなり、前線の北側に入る北海道や東北では25℃まで届かない所もあるでしょう。特に朝晩は冷えて、北海道では10℃を下回る所もありそうです。急に季節が進み、気温差が激しいでしょう。重ね着をするなど、服装でうまく調節してください。

23日(土・秋分の日)と24日(日)は、秋の移動性高気圧に覆われる見込みです。全国的に秋晴れで、行楽日和になるでしょう。
最高気温は30℃を超える所もありますが、湿度は低めで、カラッとした暑さになりそうです。湿度が低いとノドの渇きを感じにくくなります。こまめな水分補給は忘れないよう、お願いします。
25日(月)から26日(火)にかけては、再び本州付近を前線が南下する見込みです。晴れ間がありますが、雨の降る所もありそうです。

体調管理だけなく服装選びにも注意

画像C

今週後半は季節が少し進み、服装選びに困る時期になってきます。

24日(日)から25日(月)は、朝晩の気温が20℃を下回る所もあるでしょう。カーディガンなど一枚羽織る物を用意しておくと良さそうです。ただ、日中はまだ半袖が活躍しますので、服装でうまく調節しましょう。
上の図は、季節や風速などによっても指標が多少変化し、人により暑さや寒さの感じ方も異なるため、あくまで目安です。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp