サイト内
ウェブ

8月終盤なのに危険な暑さ 新潟県で39℃ 札幌で最も遅い猛暑日 あすも猛暑続く

  • 2023年8月23日
  • tenki.jp

きょう23日、強い日差しやフェーン現象で北陸や北日本の日本海側ほど危険な暑さに。新潟県長岡市で39.0℃に達しているほか、札幌は過去最も遅い猛暑日を記録(きょうが今年初めての猛暑日)。太平洋側も湿度が高いため、うだるような暑さです。熱中症に厳重な警戒を。

新潟県で39℃に到達 北陸や北日本の日本海側で体温を超える危険な暑さ

きょう23日は、日本付近の上空には広く暖かく湿った空気が流れ込んでいます。
太平洋側では雨や曇りの所が多い一方で、日本海側は北陸や北日本を中心に朝からよく晴れて、フェーン現象も加わり午前中から猛烈な暑さとなっています。

午後0時20分までの最高気温は、新潟県の長岡市で39.0℃に達したほか、新潟空港で38.6℃、新潟市で38.4℃、富山市でも37.7℃など体温を上回る危険な暑さになっている所があります。

札幌市で猛暑日 「今年初めて」で「過去最も遅い」猛暑日

画像B

東北や北海道でも午前中から多くの所で35.0℃以上の猛暑日となっていて、秋田県横手市で37.7℃、秋田市37.3℃、北海道札幌市で35.4℃まで上がっています。
札幌市では、最高気温が今年初めて35.0℃に達し、1876年の統計開始以降、過去最も遅い猛暑日となりました。※これまでの最も遅い記録は、1999年8月8日の35.2℃です。8月終盤になってから今年初めての猛暑日ということもあり、かなり体に負担がかかりそうです。

東京都心は34.1℃と札幌よりもやや低くなっています。
太平洋側は35℃に届いている所は日本海側に比べて少なくなっていますが、湿度が高いために、体感的にはかなり蒸し暑く感じられます。

きょう23日(水)は二十四節気の「処暑(しょしょ)」。
暦の上では、厳しい暑さがおさまる頃ではありますが、北陸や北日本を中心に、暦に反して体に堪えるような暑さとなっています。
午後もなかなか気温が下がりにくく、夕方でもかなり蒸し暑いでしょう。
太平洋側も蒸し暑さが続くため、熱中症にかかりやすい条件が続きます。全国的に熱中症に厳重な警戒をしてください。

※追記 札幌市では、午後2時までに36.3℃まで上がり、1876年の統計開始以来、最も高い気温を記録しました。

あす24日も北陸や北日本は猛暑 来週は北海道は暑さ一段落

画像C

猛烈な暑さとなっている北陸や北日本では、あす24日(木)も日の差す所が多く、体に堪えるような厳しい暑さが続く見込みです。最高気温は、新潟では36℃、札幌で34℃まで上がるでしょう。熱中症にかかりやすい気象条件が続くため、日中気温が上がる時間帯は外出を控えるなど、熱中症に厳重に警戒し、最大限の対策を行ってください。

北海道では、25日(金)以降は猛暑のピークは次第に超えるものの、来週は日に日に厳しい暑さがおさまりそうです。
ただ、東北や北陸、関東から西は来週も最高気温が35℃に迫る日が続き、残暑が厳しい見込みです。

8月も終わりが迫ってきましたが、日中に限らず、夜間も蒸し暑い日が続く見込みです。
引き続き、水分や塩分の補給をこまめに行って、熱中症に警戒してください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp