サイト内
ウェブ

東北 再び大雨に警戒 命に危険が及ぶ土砂災害 リスク急激に高まる危険な状況

  • 2023年7月18日
  • tenki.jp

東北地方では、再び大雨に警戒。土砂災害警戒区域などでは、命に危険が及ぶ土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状況です。秋田県など、すでに記録的な大雨となっている所では、少しの雨でも土砂災害や川の氾濫・浸水のリスクが高まるため一層の警戒が必要です。

再び大雨に警戒 すでに平年7月の1.5倍の雨が降っている所も

画像A

先週末、記録的な大雨に見舞われ川の氾濫や土砂災害など大きな被害に見舞われた秋田県。

きょう18日(火)は、再び、梅雨前線が東北付近に延び、活動が活発となっています。1時間雨量は、岩手県西和賀町で25.5ミリ(〜9時15分まで)、秋田県横手市で17.0ミリ(10時20分まで)など、本降りの雨となっています。岩手県には、土砂災害警戒情報(レベル4)が発表されました(11時20分)。

午後は更に活発な雨雲がかかり、1時間に40ミリ以上の激しい雨が降る見込みです。

先日14日(金)の降り始めからの雨量は、すでに秋田市などで7月の平年の1.3倍、秋田市仁別では1.5倍となっています。

今後は少しの雨でも、災害のリスクが高まるため警戒が必要です。

予想雨量は?

画像B

19日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
東北日本海側 80ミリ
東北太平洋側 60ミリ

その後、19日6時から20日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で
東北日本海側 50から100ミリ
東北太平洋側 50から100ミリ
の見込みです。

秋田県や岩手県を中心に東北では、19日にかけて、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫に警戒が必要です。

二次災害 一層の警戒が必要

画像C

これまでの大雨で、地面にはたっぷりの水分が含まれています。土砂災害危険度分布をみると、秋田県を中心に岩手県にかけて「警戒」や「注意」の箇所が広がっています。

今後は少しの雨でも、土砂災害の危険度が高まるため警戒が必要です。また、川が増水している所や、川の護岸が損傷している恐れがあります。二次災害に一層の警戒が必要です。

いつ避難する? タイミングは?

画像D

土砂災害や川の増水などの災害は、急に発生して、一気に被害が広がるため、避難が遅れると、命にかかわります。

そこで、避難のタイミングが重要です。警戒レベル3の場合、高齢者や障害のある方などは、安全な所へ避難しましょう。警戒レベル4では、対象地域の方は、全員速やかに避難してください。警戒レベル5では、すでに安全な避難ができず、命が危険な状況です。このため、警戒レベル5緊急安全確保の発令を待ってはいけません。警戒レベル4までに、必ず避難してください。

天気が荒れてしまうと、道路状況が悪くなったり、暴風で物が飛んできたりするなど、避難の際の危険度が高まります。避難指示が出されていなくても、少しでも危険を感じたら、自ら避難しましょう。不安を感じたら、その時が避難のタイミングです。「自主的に、早めに、安全な所へ避難する」という防災意識をもって、避難する際は、近所の方々にも声をかけ、複数で行動してください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp