サイト内
ウェブ

中国地方 明日6日は猛暑と黄砂に注意 週末から来週初めは梅雨前線活発化で大雨

  • 2023年7月5日
  • tenki.jp

明日6日(木)は中国地方の所々で最高気温が35℃以上の猛暑日となるでしょう。季節外れの黄砂も飛来する可能性があり、熱中症と呼吸器や循環器にかかわる疾患の症状の悪化に注意が必要です。また、猛暑の後は活発な梅雨前線の影響で雨が続き、大雨になる恐れがあります。

明日6日(木)所々で35℃以上の猛暑日に

画像A

明日6日(木)の中国地方は梅雨前線の活動が弱まり、晴れる見込みです。朝の最低気温は20℃前後でしのぎやすいものの、日中は強い日差しが照り付け、最高気温は山陰や山陽の内陸部を中心に35℃前後と、厳しい暑さとなるでしょう。
雨で気温があまり高くならなかった今日5日(水)と比べると、最高気温は内陸部を中心に10℃程も高くなる見込みです。急な暑さで熱中症にならないよう、暑い時間帯はムリをせずに休憩をとり、こまめに水分補給をしてください。屋内でも適切な温度になるようエアコンをつけて涼しくするなど、熱中症対策を万全になさってください。

明日6日(木)季節外れの黄砂飛来か

画像B

明日6日(木)は上空の強い西風に流されて、黄砂が飛来する見込みです。濃度はそれほど濃くはないですが、呼吸器や循環器にかかわる疾患の症状の悪化に注意が必要です。

週末から来週初めは梅雨前線活発化で大雨に

画像C

7日(金)午後は、再び暖かく湿った空気が流れ込み、8日(土)から10日(月)にかけて日本海に活動が活発な梅雨前線が停滞する見込みです。
中国地方は7日(金)の夜から西部で雨が降り出し、10日(月)にかけて広く雨が降るでしょう。断続的に激しい雨や雷雨となる可能性があります。特に8日(土)から9日(日)は西部を中心に降水量が増え、大雨になる恐れがあります。山口県では先日の大雨で地盤が緩みやすいため、特に注意が必要です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp