サイト内
ウェブ

九州北部すでに土砂災害の危険度が高まる 1日まで西日本〜北日本で災害級の大雨警戒

  • 2023年6月30日
  • tenki.jp

メイン画像

きょう30日、梅雨前線の影響で、九州から東北にかけて広く活発な雨雲がかかっています。九州北部ではすでに大雨となり、土砂災害の危険度が高まっている所があります。あす7月1日にかけて広く災害級の大雨となる恐れがあり、特に九州では線状降水帯が発生して大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性があります。

九州 すでに250ミリ超の大雨

きょう30日、梅雨前線が日本海に延び、前線上の低気圧が北北東へ進んでいます。梅雨前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、広く大気の状態が非常に不安定となっています。

午前11時現在も九州から東北にかけて広く雨雲がかかり、特に、九州北部には発達した雨雲がかかっています。11時までの24時間雨量が熊本県湯前町の横谷ではすでに250ミリを超え、熊本県あさぎり町で200ミリを超えています。

九州 すでに土砂災害の危険度が高まっている所も

画像B

午前11時現在、福岡県や佐賀県、大分県に土砂災害警戒情報が発表されています。

降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっており、避難が必要となる危険な状況となっています【警戒レベル4相当情報[土砂災害]】。崖の近くなど土砂災害の発生しやすい地区にお住まいの方は、早めの避難を心がけるとともに、市町村から発表される避難指示等の情報に注意してください。

あす7月1日にかけて広範囲で大雨の恐れ 九州は線状降水帯発生の可能性も

画像C

あす7月1日にかけて、九州や中国地方から東北にかけての日本海側を中心に広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるでしょう。特に、九州では7月1日午前中にかけて、線状降水帯が発生して大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性があります。

上の画像は、あす7月1日12時までの24時間予想積算雨量です。九州では300ミリ以上(ピンク色)の雨が予想されている所もあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp