サイト内
ウェブ

きょう30日 広範囲で大雨の恐れ 非常に激しい雨も 平年ひと月分の雨量に匹敵か

  • 2023年6月30日
  • tenki.jp

きょう30日(金)は、九州や本州の日本海側を中心とした広い範囲で大雨の恐れ。局地的には道路があっという間に冠水するほど「非常に激しい雨」が降るでしょう。あす1日(土)にかけての2日間で、平年7月ひと月分の雨量に匹敵するような雨が予想される所も。災害が発生してもおかしくない雨量です。こまめに情報を確認し、早めの避難を心がけてください。

九州に発達した雨雲 未明に非常に激しい雨を観測

画像A

きょう30日(金)は、梅雨前線が日本海に延び、日本付近には雨雲の元となる暖かく湿った空気が大量に流れ込んでいます。

午前5時現在、九州や中国地方、東海周辺に活発な雨雲があり、あちらこちらで雨脚が強まっています。福岡県大牟田市では午前2時46分までの1時間に50.5ミリの「非常に激しい雨」を観測。また、佐賀県佐賀市や鳥栖市、福岡県八女市では1時間に30ミリを超える「激しい雨」が降りました。

強雨エリア広がる 非常に激しい雨も

雨の範囲はさらに東や北にも広がり、九州や本州の日本海側を中心とした広い範囲に発達した雨雲がかかるでしょう。梅雨前線上の低気圧が今夜には東北付近まで進み、前線があす1日(土)にかけて本州付近をゆっくり南下するためです。この気圧配置は災害級の大雨が予想される、とても危険なパターンです。

九州は断続的に激しい雨や雷雨となり、特に夕方以降に「非常に激しい雨」の降るエリアが広がりそうです。道路があっという間に冠水するほどの雨で、車の運転は大変危険です。地盤が崩れやすくなったり、川の水位が急激に上がったりします。自治体から発表される情報や気象情報をこまめに確認してください。

中国、四国や近畿、東海も発達した雨雲がかかりやすいでしょう。局地的な激しい雨や落雷、突風に注意が必要です。関東甲信も所々で雨が降り、長野県では激しい雨の降る所があるでしょう。東北や北海道は次第に雨の範囲が広がり、局地的には雷を伴って激しい雨が降りそうです。

予想降水量 平年7月ひと月の雨量に匹敵する所も

画像C

予想降水量は、きょう、あすのわずか2日間で、平年7月ひと月分の雨量に匹敵するような雨が予想される所もあります。

あす7月1日(土)午前6時までに予想される降水量は、多い所で、
九州北部地方           250ミリ
九州南部、四国地方、近畿地方   200ミリ
北陸地方             180ミリ
東海地方             150ミリ
中国地方、東北地方        120ミリ

その後、2日(日)午前6時までの24時間に予想される降水量は、多い所で、
九州南部、近畿地方、東海地方   100から150ミリ
九州北部地方、四国地方、中国地方、北陸地方    50から100ミリ

おととい28日(水)から、きのう29日(木)にかけては、全国のあちらこちらに発達した雨雲や雷雲がかかり、局地的に猛烈な雨や非常に激しい雨が降りました。これまでの大雨により、少ない雨量でも土砂災害の危険度が高まりやすい地域があります。急な斜面や増水した川など危険な場所には、むやみに近づかないようにしてください。

土砂災害の前触れは

画像D

大雨によって土砂災害が発生する時には、前触れとなる現象があります。いざという時のために、ぜひ覚えておいてください。

1つめは、がけや地面にひび割れができることです。
2つめは、木が裂ける音や石がぶつかり合う音が聞こえたり、土のにおいがしたりすることです。
3つめは、井戸や川の水、湧き水が濁ることです。湧き水が止まる場合も、前触れの一つです。
4つめは、がけや斜面から水が湧き出たりすることです。

そのほか、小石がバラバラと落ちてくる、地鳴りや山鳴りがする、雨が降り続いているのに川の水位が下がる、樹木が傾く、などがあります。このような時は、土砂災害の危険が高まっています。すぐに周りの人に声をかけて、安全な所へ避難してください。

ただ、必ずしもこのような前兆が見られるとは限りません。崖の近くや谷の出口など土砂災害の危険度が高い地域にお住まいの方は、早めの避難を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp