サイト内
ウェブ

ゴールデンウィーク 初めと終わりは荒天 大雨や高波に注意 2週間天気

  • 2023年4月28日
  • tenki.jp

ゴールデンウィーク期間は、29日(土:昭和の日)〜30日(日)頃と、4日(木:みどりの日)〜7日(日)頃に広い範囲で雨が降り、荒天の恐れも。海上を中心に強風や高波に注意が必要。最新の情報で確認を。

1週目(29日〜5月5日):4日〜5日は再び荒天の恐れ

画像A

あす29日(土:昭和の日)〜30日(日)にかけて、前線が日本付近を通過する見込みです。29日(土:昭和の日)は、九州で昼頃から雨が降り出し、四国や中国地方でも午後は雨が降るでしょう。九州と四国では、雷や突風を伴って、非常に激しい雨の降る所がありそうです。局地的な大雨に注意が必要です。次第に雨の範囲が東へ広がり、30日(日)の午前にかけて、近畿から関東でも沿岸部を中心に荒れた天気となる恐れがあります。海上では、高波にご注意ください。東北と北海道でも雨や風が強まるでしょう。

5月1日(月)は西から天気が回復し、2日(火)〜3日(水:憲法記念日)は晴れる所が多くなりそうです。晴れて気温が上がり、初夏の陽気になる所もあるでしょう。

ただ、天気の変化が早く、4日(木:みどりの日)には九州から東海で雨が降り出し、5日(金:こどもの日)は、九州から東北の広い範囲で雨が降るでしょう。太平洋側を中心に、再び雨や風の強まる可能性があります。最新の気象情報をご確認ください。

強風時の運転 注意が必要な場所は

画像B

あす29日(土:昭和の日)〜30日(日)の午前にかけて、太平洋側を中心に雨や風が強まります。車で移動したり、旅行先で不慣れな道路を運転される際は、強風でハンドルをとられないようにご注意ください。特に風が強いのは、次のような場所です。

①「山間部の谷間」「山の切り通し」狭い所を風が通過するなど、地形の効果で、風が強まります。

②「橋の上」「海岸沿い」まわりに遮るものがないので、横風が強まります。

③「トンネルの出入り口」トンネル内は横風の影響はほとんどありませんが、トンネルを出ると、急に横風を受ける可能性があります。

暴風の中では、運転を控えるか、しっかりハンドルを握って、運転してください。万が一、横風を受けた場合でも、慌ててハンドルを切らないようにしましょう。

2週目(5月6日〜11日):くもりや雨の日が多い

画像C

6日(土)〜7日(日)は、広い範囲で雨が降るでしょう。九州から関東では、太平洋側を中心に雨や風が強まり、雨量が多くなる可能性があります。
8日(月)以降は、九州から東海で晴れ間の出る日があるものの、関東から北海道は、くもりや雨の日が続くでしょう。

暖かい空気が流れ込みやすいため、気温は平年より高い日が多い見込みです。雨でも冷えることはなさそうですが、風が強まる時は、昼間でも雨や風を通しにくい上着があると良いでしょう。

最新の情報をチェック

画像D

ゴールデンウィーク期間中、雨や風の強まるタイミングはまだ変わる可能性がありますので、最新の気象情報をご確認ください。最新の気象情報を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。

②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。

③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp