サイト内
ウェブ

北陸 土日は行楽日和 2023砺波チューリップフェア開催 雪の大谷の次は花の大谷

  • 2023年4月21日
  • tenki.jp

メイン画像

今週末の北陸地方は22日(土)・23日(日)の両日ともに概ね晴れるでしょう。最高気温は平年並みかやや低い予想ですが、概ね行楽日和となりそうです。砺波市では、「チューリップが奏でる色彩のシンフォニー(交響曲)」をテーマに、チューリップフェアが開催される見込みで、週末トラベルにおすすめです。
▼ 2023となみチューリップフェア公式HP(外部リンク)
https://fair.tulipfair.or.jp/

22日(土)・23日(日)の両日ともに各地で概ね晴れるも 沿岸部を中心に北よりの風がやや強く日中もヒンヤリ 服装選びには注意

画像A

22日(土)〜23日(日)の北陸地方は、大陸方面から張り出す高気圧に覆われる見込みです。多少雲の広がる時間帯もありますが、各地で概ね晴れるでしょう。天気の崩れはなさそうです。

二日間とも晴れてお出かけ日和にもなりそうですが、最高気温は、平年並みかやや低い予想です。更に、北よりの海風が沿岸部を中心にやや強く、日中も実際の気温以上にヒンヤリと感じられそうです。

今シーズンは、新潟・富山・金沢・福井の各市で既に最高気温が25度以上の夏日を観測していますが、この先しばらくは、北からの寒気優勢となりそうです。服装選びには十分注意して下さい。

画像B

今夜21日(金)にかけて黄砂の飛来に注意

画像C

北陸地方では、16時現在、新潟や富山で黄砂を観測しています。

このあとも、引き続き黄砂が観測される所がある見込みです。
先日の12日(水)から13日(木)ほどの濃度にはならない見込みですが、外出する方は、念のためマスクを着用するなどの対策をして下さい。
車はボディカラーが濃色系の場合、黄砂の付着汚れが目立つ場合があります。車に付いた黄砂は、いきなりタオルやぞうきんで拭くと細かなキズをつけてしまうことがあります。高圧洗浄を利用するなど、流水で良く洗い流しながら洗浄するのがおすすめです。

週間天気 25日(火)〜26日(水)頃は荒れた天気となる所も

画像D

25日(火)〜26日(水)は、前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を北東へ進む見込みです。北陸地方には湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。南よりの風が強まり荒れた天気となるおそれもあります。

その後、低気圧からのびる前線は北陸地方を南下する見込みです。前線の通過する前後の時間帯を中心に雨脚が強まり、短時間強雨となる可能性もあります。最新の天気予報を確認し、行動計画の参考にして下さい。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp