サイト内
ウェブ

2週間天気 夏日から一転 25日は雨でヒンヤリ ゴールデンウィーク前半はぐずつく

  • 2023年4月19日
  • tenki.jp

あす20日(木)も関東を中心に夏日の予想。週明けは一転してヒンヤリ。ゴールデンウィーク前半は曇りや雨の所が多くなりそう。

20日(木)〜26日(水) 激しい寒暖差に注意

来週にかけては、低気圧が近づくタイミングが2回あるでしょう。

沖縄はあす20日(木)にかけて雨が降り、九州も南部を中心に雨が降りそうです。局地的に激しい雨が降るため、土砂災害や低い土地の浸水などにご注意ください。21日(金)は四国から関東でも、雨の降る所があるでしょう。一方、北日本は発達する低気圧の影響で、21日(金)から24日(月)頃は暴風となるおそれがあります。

その後、25日(火)から26日(水)にかけては本州付近を低気圧が進むため、全国的に雨や風が強まるでしょう。

気温は、21日(金)までは平年より高い傾向です。関東から西では最高気温25℃以上の所が多く、東海や関東甲信を中心に季節外れの暑さが続くでしょう。
22日(土)以降は一転して、最低気温、最高気温ともに平年並みか低い予想です。25日(火)の最高気温は九州から東北で15℃前後と、日中もヒンヤリと感じられるでしょう。

27日(木)〜5月2日(火) 連休スタートは晴れ間も

画像B

27日(木)は広い範囲で晴れますが、朝は冷える所が多いでしょう。日中との気温差が大きくなりますので、服装で調節をしてください。

29日(土:昭和の日)は、近畿から東北では晴れ間が出て、まずまずのお出かけ日和でしょう。30日(日)は西から天気が下り坂で、ゴールデンウィーク前半は、雨の降る日が多くなりそうです。まだ先の予報で、変わる可能性があります。こまめに予報をチェックしてください。

ヒノキ花粉 飛散のピーク越える

画像C

4月も後半に差し掛かり、花粉シーズンは終盤。ようやくヒノキ花粉の飛散もピークを越えそうです。花粉飛散量の予想を見ると、あす20日(木)は東海で「やや多い」ランクですが、21日(金)以降は各地で「少ない」となっています。

ただピークを越えても、関東などでは例年ゴールデンウィーク頃まで花粉が飛ぶことが多くなっています。花粉に敏感な方は、あと2週間程度は対策をすると良いでしょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp