サイト内
ウェブ

東海 土曜は広く雨 日曜は晴れ間が戻るも天気急変・黄砂飛来 東海地方への影響は?

  • 2023年4月14日
  • tenki.jp

きょう14日16時30分現在、東海地方の広い範囲に雲が広がってきました。西から雨雲が近づいているため、今夜は次第に雨が降りだすでしょう。あすの土曜はまとまった雨となり、日曜は晴れ間が戻りますが、天気の急変に注意が必要です。

15日(土)は広く雨

画像A

西から前線や低気圧に伴う雨雲が近づいています。あす15日は、前線を伴った低気圧が本州の南岸を通過する見込みです。東海地方では、今夜は次第に雨が降りだし、名古屋市内でも日付の変わる頃に雨が降りだしそうです。15日(土)は本降りの雨が続き、16日(日)の未明から明け方頃には止む見込みです。

降っている時間が長いため、各地でまとまった雨となるでしょう。また、山地だけでなく沿岸部などの広い範囲に、発達した雨雲がかかる見込みです。風と風がぶつかったりなどして、雨雲が予想よりも発達する可能性もあります。局地的にバケツをひっくり返したような激しく降る所があるでしょう。お出掛けの際は、雨雲レーダーで自分のいる場所の状況を確認するようにして下さい。

16日(日)は変わりやすい天気に注意 東海地方への黄砂の影響は?

画像B

きょう14日は、きのう13日までに比べると、東海地方への黄砂の飛散量は少なくなっています。あす15日の雨の後は、再び黄砂が日本に飛来する予想ですが、上空の風は北西から南西方向へと吹くため、西日本を中心に飛来する見込みです。東海地方へも飛来する可能性はありますが、影響は小さいでしょう。ただ、敏感な方は花粉対策に加えて、黄砂対策もしっかりとしましょう。
また、上空に冷たい空気が流れ込むため、16日(日)の午後は大気の状態が不安定となる見込みです。晴れていても、所々で雨や雷雨となるため、変わりやすい天気に注意して下さい。

週間天気

画像C

週明け、17日(月)は広く晴れますが、にわか雨や飛騨地方の標高の高い所ではにわか雪があるでしょう。18日(火)以降は、湿った空気が入りやすくなることや前線の影響を受けるため、スッキリしない天気が続きそうです。来週は、布団干しや洗濯物の外干しのタイミングに気をつけましょう。
また、気温は、15日(土)は雨のため日中も上がり方が鈍く、上着があるとよさそうです。冷たい空気が入る17日(月)から18日(火)にかけては、平年を少し下回りますが、その後は、平年並みか平年を上回るでしょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp