サイト内
ウェブ

2週間天気 桜の季節なのにまるで梅雨 前線停滞で長雨に 荒天や大雨の恐れも

  • 2023年3月20日
  • tenki.jp

21日(火)春分の日は西から天気は下り坂に。22日(水)から23日(木)は広く雨が降るでしょう。雨や風が強まり、荒れた天気や大雨の恐れ。その後も、ぐずついた天気が続くでしょう。

まるで梅雨 長雨に

画像A

21日(火)春分の日は、前線が延びてくるため、西から天気は下り坂でしょう。九州は午前中から、中国や四国は昼頃から次第に雨が降りだす予想です。近畿や東海も夜は雨雲のかかる所があるでしょう。関東は湿った空気の影響で、午前中を中心に沿岸部で雨が降りそうです。

22日(水)は前線が本州付近に延びるため、九州から関東で雨が降り、23日(木)は東北にも雨のエリアが広がるでしょう。前線上に低気圧が発生するため、九州から関東では太平洋側を中心に雨や風が強まり、荒れた天気や大雨となる恐れもあります。最新の気象情報にご注意ください。

24日(金)は前線はやや南下し、日中は雨の弱まる所が多いでしょう。25日(土)は前線上の低気圧が本州付近を進み、九州から東北にかけて広く雨雲がかかり、本降りの雨となりそうです。
26日(日)は前線はやや南下し、晴れ間の出る所もあるでしょう。

最高気温は24日(金)までは平年より高く、北海道は15℃前後、東北は17℃くらいまで上がる日が多くなりそうです。関東から九州は20℃以上となる所が多いでしょう。25日(土)以降は、最高気温は平年並みになり、薄着では少しヒンヤリと感じられる所もありそうです。

天気は周期変化に

画像B

28日(火)から30日(木)にかけては本州付近はおおむね晴れるでしょう。ただ、天気は周期的に変わり、31日(金)から4月1日(土)は広く雨が降るでしょう。2日(日)は天気が回復しそうです。

最高気温・最低気温ともに北海道は平年並みか高いでしょう。東北から九州では、最高気温は平年並みの日が多くなりそうです。

花粉シーズンはまだ続きます。晴れる日には花粉がたくさん飛びますので、花粉症の方は引き続き対策をなさってください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp