サイト内
ウェブ

2週間天気 来週は太平洋側で雪の可能性も 花粉シーズン始まる 早めの対策を

  • 2023年2月3日
  • tenki.jp

来週は、本州の南岸付近を進む低気圧の影響で、太平洋側で雨や雪の降る日がありそう。低気圧の進路によっては、平野部で雪の降る可能性も。最新の情報で雪への備えを。来週半ばから、九州や関東の一部で花粉シーズンがスタートする見込み。早めの対策を。

1週目(4日〜10日):太平洋側で雨や雪 平野部でも雪の可能性

画像A

6日(月)にかけて、晴れる所が多いでしょう。雪の続いている北海道や北陸でも晴れ間がありそうです。気温は平年並みの所が多く、北海道でも真冬日から解放されるでしょう。除雪作業は、事故のないように、2人以上で安全を確保して行ってください。

本州の南岸付近を通過する低気圧の影響で、九州では、6日(月)から、近畿から東北では、7日(火)から8日(水)にかけて、広く雨が降るでしょう。山間部では、雪の所もありそうです。その後、一時的に冬型の気圧配置となるため、9日(木)は、北海道や東北の日本海側、北陸では雪が降り、太平洋側は晴れる見込みです。

10日(金)は、再び低気圧が本州の南岸を進むでしょう。寒気が残っている状態で、低気圧が通過するため、太平洋側は広く雨や雪が降り、平野部でも雪の降る可能性があります。最新の気象情報を確認して、雪への備えをなさってください。

2週目(11日〜16日):気温のアップダウンが大きい

画像B

11日(土:建国記念の日)〜14日(火)にかけては、北海道と東北は雪や雨で、北陸から九州でも雨が降るでしょう。平年より気温が高く、北日本でも雨の降る所が多くなりそうです。雪どけが進みますので、なだれや落雪に十分ご注意ください。

13日(月)は、関東から九州では、最高気温が15℃以上の所が多く、東京都心では、13日(月)と14日(火)は20℃前後と、4月中旬から下旬並みとなりそうです。ただ、その後、15日(水)には気温が大幅ダウン。グッと寒くなるでしょう。気温の変化が大きくなりますので、体調を崩さないようにお気をつけください。

花粉シーズンが始まる 早めの対策を

画像C

今シーズンのスギ花粉の飛散開始は、各地で例年並みとなりそうです。来週8日(水)には福岡、11日(土)は東京で、花粉が飛び始める予想です。今月下旬には、近畿や東海、北陸、東北の広い範囲で飛散開始となるでしょう。

「花粉の飛散開始日」とは、1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を、2日連続して観測した場合の「最初の日」のことです。スギ花粉は、飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めますので、花粉に敏感な方は、そろそろ対策を始めた方が良いでしょう。

今シーズンは、九州から東北にかけて、前シーズンより飛散量が「多く」、特に四国、近畿、東海、関東甲信では「非常に多く」飛ぶ見込みです。前シーズンは症状があまり出なかった方も、万全な対策が必要になりそうです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp