サイト内
ウェブ

中国地方 週末は再び強い寒気が南下 雪と寒さ対策を

  • 2023年1月25日
  • tenki.jp

中国地方はこの冬一番の強い寒気が南下し、日本海側は全般に雪、瀬戸内側も雪が降り広く雪が積もりました。
現在、雪のピークは過ぎましたが、今夜も厳しい冷え込みになる見込みです。路面の凍結や水道管の凍結にお気をつけください。
また週末も寒気が再び南下し、来週にかけても寒気の影響を受ける見込みです。

週末は再び冬型が強まる 平地も含めて雪

画像A

27日(金)と28日(土) 強い冬型の気圧配置になる見込みです。日本海側は断続的に雪が降り平地も含めて広く雪が積もるおそれがあります。また風が強く荒れた天気になるでしょう。28日(土)は雪が強まる所もある見込みです。瀬戸内側も雲が多く雪や雨の降る時があるでしょう。積雪や路面の凍結、雪で見通しが悪くなるおそれがあります。最新の気象情報の確認や不要不急の外出を控えるなど雪への対策を行ってください。また朝の気温はほとんどの所が氷点下、昼間の気温もあまり上がらず、厳しい寒さでしょう。体を冷やさないよう万全な防寒対策をしてください。

29日(日) 冬型がゆるみますが寒気の影響が残るため、日本海側を中心に雪が降る見込みです。
30日(月) 低気圧が日本海を東へ進むでしょう。全般に雲が多く、日本海側を中心に雪や雨が降る見込みです。
31日(火) 多少晴れ間が出ますが、寒気や湿った空気の影響で日本海側は雪が降るでしょう。
2月1日(水) 低気圧が日本海を通過し冬型の気圧配置になる見込みです。晴れたりくもったりし、日本海側では雪が降る見込みです。

水道管の凍結 注意と対策

画像B

最高気温が0度未満の日が続いたり、気温が氷点下4度以下になると水道管が凍結するリスクが高くなります。

水道管の凍結を防止するために、屋外の水道管で空気に直接触れるような部分は布などで覆い、ビニールテープでしっかり固定しましょう。またその上からビニール袋や段ボールケースを被せるとさらに凍結のリスクを下げます。
もし水道管が凍結してしまったら、自然に溶けるのを待つ、または水道管にタオルを巻き、ぬるま湯をゆっくりかけてください。
なお熱湯をかけると水道管が破裂するおそれがあります。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp