サイト内
ウェブ

関西 きょう25日(水)いっぱいは交通障害が続く恐れ 週末以降は再び大雪の所も

  • 2023年1月25日
  • tenki.jp

関西では大雪のピークは過ぎましたが、きょう25日(水)の午後も、これまでの積雪や路面の凍結で交通障害が続く恐れがあるため、警戒が必要です。あす木曜日は、いったん天気が持ち直すものの、週末以降は再び大雪となる所がある見込みです。

きょうの午後も北部や山沿いを中心に雪 引き続き交通障害に警戒を!

画像A

関西では、きのう24日(火)からの雪で、北部や山沿いだけでなく、京阪神周辺など都市部でも雪の積もっている所があります。
大雪のピークは過ぎましたが、きょうの午後も北部や山沿いを中心に雪が降り、あすの昼ごろまでに新たに30センチくらいの雪が降り積もる所があるでしょう。
雪が小康状態になる所も、これまでの積雪や路面の凍結で交通障害が続く恐れがあるため、警戒が必要です。

週間天気 次の週末は再び大雪の所も

画像B

関西では、あす26日(木)はいったん天気が持ち直しますが、あさって27日(金)は雲が多くなり、次の週末以降は北部を中心に雪の降る所があるでしょう。
再び大雪になる所もあるため、今後の情報に注意をしてください。
気温は平年より低い日が多く、この時季らしい寒さが続きそうです。

雪道の運転 注意するポイント

画像C

雪道で、車を運転する場合は、スノータイヤを装着し、急発進、急停車にならないよう、普段よりもゆっくり慎重に運転してください。車間距離は普段の倍以上とりましょう。トンネルの出入り口や橋の上などは路面が凍結しやすいため、特に注意が必要です。通行止めや渋滞の情報をあらかじめ確認してから出かけましょう。

2輪車(バイクや自転車)は転倒のおそれが非常に高いため、運転しないでください。公共交通機関を利用する場合は、間引き運転や減速運転により、普段より時間がかかり、混雑することが予想されます。運行情報や迂回ルートを確認してから行動してください。

大雪のピークが過ぎてないときに行動すると、大きなケガにつながったり、帰宅困難になったりします。慎重に行動してください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp