サイト内
ウェブ

2週間天気 14日(水)頃 北日本は荒天 大雪や吹雪に警戒 気温の変化にも注意

  • 2022年12月10日
  • tenki.jp

14日(水)頃は、真冬並みの寒気が流れ込み、北日本は大荒れの天気になるおそれ。北海道や東北の日本海側では大雪や吹雪に警戒が必要。北陸から九州の日本海側では平地でも雪が降り、積もる所もありそう。早めに雪への備えを。この先、気温の変動が大きいため、体調管理に注意。

前半:11日(日)〜17日(土) 14日(水)は北日本で荒天のおそれ

画像A

あす11日(日)は気圧の谷の影響で、北海道や東北は日本海側を中心に雪が降るでしょう。北陸は断続的に雨や雪が降り、雷を伴う所もありそうです。落雷や突風、雹(ひょう)に注意してください。関東から九州は晴れ間が広がりますが、朝晩は所々でにわか雨がありそうです。沖縄は昼頃まで雨が降るでしょう。

12日(月)は、高気圧に覆われて、広い範囲で晴れる見込みです。

13日(火)は低気圧が発達しながら日本海を北東へ進み、前線が本州を通過するため、広い範囲で雨が降るでしょう。低気圧や前線に向かって、南から湿った空気が流れ込むため、北海道や東北北部でも雨になる所が多いでしょう。積雪の多い所では、なだれに注意が必要です。

前線が通過した後、14日(水)は冬型の気圧配置に変わり、上空1500メートル付近でマイナス6℃以下(平地で雪が降る目安)の強い寒気が関東から九州北部まで南下する見込みです。北日本では大荒れの天気になるおそれがあり、北海道や東北の日本海側では大雪や吹雪に警戒が必要です。東北の太平洋側や北陸から山陰、九州北部にかけての平地でも雪の降る所があり、積もる可能性があります。最新の気象情報を確認して、早めに雪への備えをなさってください。

15日(木)はいったん高気圧に覆われて晴れ間の出る所が多いでしょう。16日(金)から17日(土)にかけては、低気圧や気圧の谷の影響を受けるため、北海道や東北は雪が降りそうです。北陸から九州も雨の降る所が多いでしょう。

気温の変動が大きく、14日(水)から15日(木)は寒気の影響でグッと寒くなりそうです。北海道では、14日(水)以降、厳しい寒さが続くでしょう。

後半:18日(日)〜23日(金)  気温のアップダウンが大きい

画像B

18日(日)頃は一時的に冬型の気圧配置が強まるでしょう。北海道や東北、北陸は雪が降り、仙台など東北の太平洋側も雪の降る所がありそうです。関東から九州はおおむね晴れる見込みです。

20日(火)から21日(水)は低気圧や気圧の谷の影響で広く雪や雨が降るでしょう。その先は、日本海側は雪や雨の降る日が多く、太平洋側はおおむね晴れる見込みです。

気温は、平年並みの日が多いものの、日ごとの変化が大きいでしょう。天気予報を確認される際は、気温も確認して、体調を崩さないように服装をうまく調節なさってください。

雪道の運転 注意するポイントは

画像C

来週は、北海道や東北、北陸だけでなく、近畿から九州の日本海側でも雪の降る所があり、平地でも雪の積もる可能性があります。この土日のうちに、雪への備えを進めておくと安心です。

雪道で車を運転する場合は、スノータイヤを装着し、急発進、急停車にならないよう、普段よりもゆっくり慎重に運転してください。車間距離は普段の倍以上とりましょう。トンネルの出入り口や橋の上などは路面が凍結しやすいため、特に注意が必要です。通行止めや渋滞の情報をあらかじめ確認してから出かけましょう。

2輪車(バイクや自転車)は転倒のおそれが非常に高いため、運転しないでください。公共交通機関を利用する場合は、間引き運転や減速運転により、普段より時間がかかり、混雑することが予想されます。運行情報や迂回ルートを確認してから行動してください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp