サイト内
ウェブ

東海地方 この土日は比較的暖かい 来週は強い寒波襲来 真冬並みの寒さに

  • 2022年12月9日
  • tenki.jp

きょう9日の日中は、15℃前後まで気温が上がった所が多くなりました。この土日も、一時的な天気の崩れはあるものの、最低気温・最高気温ともに、きょうよりも高くなる所が多く、この時期としては比較的暖かな陽気となりそうです。

広く冬晴れ

画像A

きょう9日の東海地方は、きのう8日まで雨雲や雪雲が流れ込んでいた飛騨地方でも、流れ込みが弱まり、広い範囲でスッキリとした冬晴れとなりました。15時までの最高気温は、東海地方で一番高かった三重県尾鷲市で17.8℃で、平年より3℃ほど高くなりました。その他の地域も、15℃前後まで上がった所が多く、平年を少し上回りました。
今夜は、薄雲がかかる程度で、大体晴れて、天気の崩れはないでしょう。

土日の天気は?

画像B

土曜日は、天気は下り坂で、夜は雨や雪の降る所がありそうです。一方、日曜日は、広く冬晴れとなるでしょう。
【10日(土)】
昼過ぎまでは、晴れる所が多いでしょう。夕方以降は、西から気圧の谷が近づくため、三重県から次第に雲が広がってくる見込みです。夜になると、沿岸の地域を中心に雨雲がかかり、標高の高い所では、雪で降る所があるでしょう。
【11日(日)】
日曜日は、気圧の谷が東海上へ移動し、冬型の気圧配置となる見込みです。朝まで雲の多い所もありますが、日中は広く冬晴れとなりそうです。ただ、岐阜県では、寒気に伴う雲が流れ込みやすく、飛騨地方を中心に、雪や雨が降りやすいでしょう。

また、今週は、師走らしい寒さとなった日もありましたが、土日ともに、この時期としては気温は高めで、比較的暖かそうです。

週間天気

画像C

週明け、12日(月)も、冬晴れが続きますが、13日(火)になると、次の気圧の谷が本州付近を通過するため、一時的に天気が崩れるでしょう。その後、14日(水)は、強い寒気が流れ込んでくる見込みです。上空1500m付近には、平地でも雪を降らせるような目安となる、マイナス6℃以下の強い寒気が、東海地方沿岸まで南下する予想です。14日(水)以降、一気に真冬並みの寒さとなるでしょう。太平洋側の地域にも、寒気に伴う低い雲が流れ込んできて、にわか雪やにわか雨となる日がありそうです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp