サイト内
ウェブ

最高気温 関東はきのうより大幅アップ この先の気温はどうなる?

  • 2022年12月7日
  • tenki.jp

きょう7日(水)の最高気温は、関東地方を中心に、きのう6日(火)より大幅に高くなりました。この先、気温の傾向は?

関東中心 気温大幅アップ↑

きょう7日(水)は、日本海側は雪や雨、関東など太平洋側は晴れと、冬の天気分布になりました。

最高気温(15時まで)は、日差したっぷりの関東地方を中心に、きのう6日(火)より大幅に高くなりました。東京都心は14.2℃で、6日より約6℃アップ。千葉市15.3℃、水戸市14.0℃、宇都宮市13.6℃と、こちらは6日より約7℃も高く、暖かな日差しに少しホッと出来ました。

福岡市は14.3℃と6日より約3度高くなった他、大阪市12.3℃、新潟市10.2℃、仙台市9.7℃、札幌市3.6℃など、きのうと同じくらいの所が多く、各地で大体平年並みとなりました。名古屋市11.9℃と、きのう6日より3℃くらい低くなりましたが、これで大体平年並みです。

この先は?

画像B

この先、週末にかけては、全国的に気温は平年並みか高い所もあるでしょう。ただ、来週中頃からは、降れば雪となるような強い寒気が本州付近をすっぽりと覆う予想です。14日(水)の最高気温は、福岡で8℃など、昼間も厳しい寒さとなりそうです。

日々の気温差に加え、一日の中でも、気温の差が大きくなる時期です。風邪をひかないよう、体調管理に注意しましょう。

気温と服装の目安

画像C

上の図は、気温と服装の目安です。一般的に、気温が10℃を下回るとウールなど冬用コート、5℃を下回るとダウンコートがほしくなる寒さと言われます。

ただ、東京都心など、朝は5℃前後でダウンコートが必要ですが、日中は15℃前後まで上がる日が多くなります。一日の中で、気温が10℃くらい違いますので、重ね着や、マフラーや手袋など、小物でうまく調節しましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp