サイト内
ウェブ

中国地方 今週後半寒さ和らぐ 来週は強い寒気南下 年末頃の寒さ 平地でも雪に

  • 2022年12月7日
  • tenki.jp

中国地方は、今週後半は晴れて寒さが和らぎそうです。ただ、来週中頃は冬型の気圧配置が強まる見込みです。平地でも雪の降る所があり、年末頃の厳しい寒さとなるでしょう。

今週後半は寒さ和らぐも来週中頃から寒気襲来

画像A

あす8日(木)は寒気の流れ込みが弱まり、大陸から進んでくる高気圧に覆われる見込みです。10日(土)にかけて晴れるでしょう。
日中の最高気温は15度くらいになる所もあり、寒さが和らぐ見込みです。ただ、朝は放射冷却現象がよく効き、冷え込みが厳しいでしょう。内陸部で氷点下の冷え込みになる所が多い見込みです。
大掃除などにも良さそうです。

11日(日)は日本海を気圧の谷が通過する影響で、山陰や山陽北部で雲が広がりやすくなり雨の降る所があるでしょう。

12日(月)〜13日(火)は気圧の谷や湿った空気の影響を受ける見込みです。全般に雲が広がりやすくなり、13日(火)は前線通過に伴い雨が降る見込みです。

14日(水)は上空1500メートル付近に平地で雪を降らせるレベルの強い寒気が南下し、冬型の気圧配置が強まる見込みです。
季節風が強まり、一段と寒さが厳しくなるでしょう。
山陰や山陽北部を中心に時雨れて、山地では雪、平地でも雪の舞う所があるでしょう。
まだ車の冬装備などされていない方は、凍結や積雪に備えて準備をしておいてください。

2週間天気後半 来週末にも強い寒気南下か

画像B

中国地方の上空には寒気が居座り、来週末にも強い寒気が南下する見込みです。
山陰や山陽北部を中心に来週中頃と来週末は雪が降るでしょう。平地でも初雪となる所がありそうです。
日中の最高気温は高くても10度を少し超えるくらいで、沿岸部でも5度以下となる日があるなど、真冬並みの寒さとなる日もある見込みです。

冬の乾燥対策 加湿のポイント

画像C

冬場は特に空気の乾燥が気になります。エアコンなど暖房器具を使うと、部屋の空気は更に乾燥します。
そこで、部屋の湿度は加湿器などで50〜60%にするのがいいでしょう。また、窓が結露したらしっかり拭き取りをして、カビの発生などを防ぐようにしてください。
鍋料理も湿度がアップするので、冬の乾燥には役立ちます。

適度な湿度を保ち、肌の乾燥や風邪も予防してください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp