サイト内
ウェブ

2週間天気 冬の天気分布 来週は寒さ増す 日本海側は雪の降り方が強まる日も

  • 2022年12月7日
  • tenki.jp

この先しばらく、日本海側は雪や雨、太平洋側は晴れる日が多い見込み。来週は、寒気の流れ込みがたびたび強まる。日本海側は雪の範囲が広がり、強く降る所も。

前半 14日頃は季節風が強まる 日本海側は雪の範囲が広がる

この期間は、日本海側は雪や雨、太平洋側は晴れ、といった、冬の典型的な天気分布の日が多いでしょう。
そんな中、13日頃は低気圧や前線が通過します。北海道や東北は南よりの風が強めに吹いて、雨や雪が強まる所もあるでしょう。晴れマークとなっている関東以西の太平洋側と九州も、所々に雨雲がかかる見込みです。
14日は南風から北風に変わるでしょう。北海道と東北は日本海側を中心に雪の範囲が広がり、ふぶいて見通しの悪くなる所もありそうです。北陸から山陰も、山沿いは雪となり、平地でも雪のまじる所があるでしょう。晴れる地域も、風が冷たく感じられそうです。

後半 天気が短い周期で変化 気温は上がったり下がったり

画像B

この期間は、天気が短い周期で変わります。
15日は北陸から北は雪が降り、近畿北部や山陰の平地でも雪の降ることがあるでしょう。
16日から17日の前半は多くの所で晴れて、日差しにホッとできそうです。
17日の後半から18日は気圧の谷に伴う雨雲や雪雲が日本付近を通過するでしょう。これを境に、再び寒気の流れ込みが強まり、19日と20日にかけて、日本海側は雪や吹雪の所が多くなりそうです。

天気の変化に伴って、気温も上がったり下がったりするでしょう。特に、18日から19日頃は、気温の変動が大きくなりそうですので、体調を崩さないよう注意が必要です。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp