サイト内
ウェブ

宇都宮で初雪を観測 関東まだ冷たい雨 北陸や東北は雨や雪で午後は雷を伴うところも

  • 2022年12月6日
  • tenki.jp

メイン画像

きょう6日明け方、宇都宮でみぞれが降り、関東で今季初となる初雪が観測されました。関東では、まだ雨の所も。東北では仙台市など市街地でも、雪が降っています。北陸は、局地的に雨雲が発達しています。

宇都宮でみぞれ 関東で今季初の「初雪」

画像A

きょう6日午前3時過ぎ、宇都宮ではみぞれが降り、関東で今季初となる初雪が観測されました。宇都宮地方気象台で、午前3時過ぎにみぞれを観測、気温2.2℃、湿度が95%でした。

関東は、栃木県や茨城県、千葉県を中心に冷たい雨が降ったりやんだりとなっています。初雪が観測された宇都宮市では、午前11時の気温が4.4℃で凍えるような寒さです。

東北では仙台市など市街地でも、湿った雪が降っています。北陸は比較的弱い雨の所が多いですが、局地的に雨雲が発達しています。

午後は北陸や東北で雨や雪強く

画像B

関東の冷たい雨は、昼過ぎ以降は次第にやむ見込みです。

低気圧が通過する北陸や東北では、午後から雨や雪が強まるでしょう。東北北部の内陸や北陸の標高の高い地域では、一時的に雪が強まる所もある見込みです。路面状況の変化に注意し、道路情報などはこまめに確認しましょう。

発雷確率も高め

画像C

きょう6日午後からは、東北南部や北陸で、発雷確率が高くなっています。落雷や突風、ひょうなどの降るおそれもありますので、ご注意ください。
あす7日にかけても大気の不安定な状態が続きそうです。日が差している所もありますが、天気の急変にご注意ください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp