サイト内
ウェブ

あす4日 北海道は猛吹雪の恐れ 東北は明け方まで大雨に注意

  • 2022年12月3日
  • tenki.jp

あす4日は、北日本を中心に強い寒気が流れ込み、北海道で猛吹雪の恐れがあります。東北も明け方までは大雨の所があり、日中は次第に雪に変わってきます。一方、関東から九州は晴れる所が多く、昼間は暖かいでしょう。

北海道は午後から猛吹雪

画像A

あす4日は、北日本には今季一番の強い寒気が流れ込む見込みです。

北海道は午前中は比較的湿った雪が降りますが、寒気の強まる午後は乾いた雪に変わってきます。風も強まるため、猛吹雪となる恐れがあります。札幌管区気象台と旭川地方気象台によると、石狩北部と留萌地方に「暴風雪警報」が発表される見込みで、警戒が必要です。

風の強まりやすい橋の上などは、吹雪によって急に視界が悪くなることがあります。車の運転は十分ご注意ください。

東北 明け方まで大雨 次第に雪へ

画像B

東北は、寒冷前線が通過する影響で、今夜からあす4日の明け方にかけて日本海側を中心に大雨となる所があるでしょう。局地的にカミナリを伴って1時間に20ミリの強い雨が予想されます。道路が冠水したり、落雷や突風で停電などが発生する可能性もあります。

あすの日中は、寒気の南下に伴い、雨が次第に雪に変わる見込みです。きょう3日は積雪が減少した青森県内や秋田県内でも、再び積雪が増える所がありそうです。雨の後の雪で、路面の状況が変わりやすいので、スリップ事故や転倒事故などにご注意ください。

関東〜九州 昼間は暖か

画像C

関東から九州にかけては、太平洋側を中心に晴れる所が多いでしょう。ただ、九州は天気が下り坂で、夜は雨雲が広がりそうです。

朝は冷え込んで、最低気温は名古屋市で5℃、東京都心や大阪市で6℃まで下がるでしょう。

ただ、日中は暖かくなり、最高気温は14℃から17℃くらいの所が多い予想です。東京都心はきょう3日より大幅に上がって17℃と11月中旬並みの陽気となるでしょう。

週間予報 冬型続かず 晴れる所はポカポカ

画像D

あさって5日以降は、冬型の気圧配置となる日はあまりなく、寒気の影響も一時的といえそうです。

5日は北海道や東北、関東などで曇りや雨となり、寒くなるでしょう。ただ、6日以降は晴れる所が多く、関東〜九州では昼間は暖かくなりそうです。北海道では7日〜8日頃に一時的に雪が強まりますが、長続きはしないでしょう。

次の週末は、本州の南を低気圧が進む影響で、九州から東北の太平洋側を中心に雨の降り方が強まる見込みです。気温も低く、10日は東京都心や大阪市などで年末年始の頃の寒さとなりそうです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp