サイト内
ウェブ

北日本は一気に冬本番 平地もみるみる雪降り積もる 今夜にかけて暴風雪に警戒

  • 2022年12月1日
  • tenki.jp

北日本に強い寒気が流れ込み、昨夜からみるみる雪が積もっています。午後3時の積雪は、北海道幌加内町朱鞠内で49センチ、旭川市で21センチ、青森市で14センチなど、平地でも積雪が急増中です。午後3時現在、北海道の留萌地方や石狩地方には暴風雪警報が出ています。

積雪みるみる急増中

画像A

きょう1日(木)は、日本付近は冬型の気圧配置となり、北日本には真冬並みの強い寒気が流れ込んでいます。
きのう30日(水)から、北日本の日本海側を中心にみるみる雪が積もりました。
きょう1日(木)午後3時の積雪は、北海道幌加内町朱鞠内で49センチ、青森県の酸ケ湯で32センチ、旭川市で21センチ、青森市で14センチなど、山沿いだけでなく、平地でも積雪が急増中です。

暴風雪警報も発表中

画像B

きょう1日(木)午後3時現在、北海道の留萌地方や石狩地方には暴風雪警報が出ています。雪だけでなく、風も強まっています。
北海道の日本海側では、今夜遅くにかけて西の風が雪を伴い、強まる見込みです。
猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒してください。

あす2日(金)も大雪に注意

画像C

また、あす2日(金)にかけて、北日本では断続的に雪が降り、さらに積雪の量が増える見込みです。冬用のタイヤでも、雪道の車の運転は十分に注意してください。また、大雪による交通障害にも注意が必要です。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp