サイト内
ウェブ

関西 氷ノ山、比良山で初冠雪 今夜から明日朝は雪の範囲が広がる

  • 2022年12月1日
  • tenki.jp

冬型の気圧配置が強まり、1日(木)朝にかけては関西の標高の高い山で雪になりました。
兵庫県養父市にある兵庫県最高峰の氷ノ山、滋賀県大津市の比良山からは初冠雪の便りが届いています。

山では雪化粧 氷ノ山の初冠雪は最も遅い記録

兵庫県養父市にある氷ノ山では白く雪化粧し、初冠雪が観測されました。氷ノ山鉢伏観光協会によると、昨年より19日遅く、12月に入ってからの観測は1985年の観測開始以来初めてとのことでした。
また、彦根地方気象台からは比良山で初冠雪が観測されたとの便りが届きました。平年より10日遅く、昨年より4日遅い観測でした。

1日夜から2日朝は雪の範囲が広がる

画像B

関西の上空には、このあと2日(金)にかけてさらに強い寒気が流れ込むでしょう。
このため、2日朝にかけては北部の山だけではなく、平地でも雨ではなく雪が降る可能性があります。
中部にも雨や雪を降らせる雲が流れ込み、雪やみぞれの降る所がありそうです。

2日も寒さが厳しい 夜は底冷えに

画像C

2日(金)の昼ごろにかけては、強い寒気の影響で北部を中心に雲が広がりやすく、雨や雪の降る所があるでしょう。
午後は冬型の気圧配置が緩み、次第に高気圧に覆われる見込みです。2日の夜は穏やかに晴れる所が多く、放射冷却現象が強まるでしょう。夜は底冷えとなり、3日(土)の朝にかけて内陸部を中心に冷え込みが強まる見込みです。内陸部ではマイナス5℃くらいまで下がる所もあるでしょう。路面凍結、水道管の破裂など注意が必要です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp