サイト内
ウェブ

1日 北日本は大雪や吹雪 北陸から山陰の峠も積雪のおそれ 晴れる地域も風が冷たい

  • 2022年12月1日
  • tenki.jp

きょう1日(木)も冬型の気圧配置。北海道と東北は日本海側を中心に雪で、大雪や吹雪の所も。北陸から山陰の山や峠も積雪のおそれ。晴れる地域も、冷たい北よりの風が強めに吹く。

北日本 平地も積雪増 午前5時現在 札幌6センチ 青森7センチ

今朝は、北海道と東北は日本海側を中心に多くの所で雪が降っています。午前5時現在、旭川で16センチ、札幌で6センチと、北海道は平地も広く積雪状態に。青森で7センチなど、青森県の平地も積雪が増えてきています。

【各地の天気】北海道と東北は大雪や吹雪 北陸から山陰も山沿い中心に雪

冬型の気圧配置が続きます。
平地で雪の目安となる強い寒気(上空1500m付近でマイナス6℃以下)が西日本の日本海側まで流れ込み、山で雪の目安となる寒気(上空1500m付近で0℃以下)は、四国や九州付近まで南下してくるでしょう。

北海道と東北は、日本海側を中心に雪。平地も、さらに広い範囲で雪が積もるでしょう。今季初めて雪道を運転することになる方も多いと思います。雪に慣れている地域とは言え、シーズン初めは感覚が戻らず、事故が起こりやすい傾向に。車は、必ず冬の装備で、普段より時間に余裕を持って慎重な運転を心がけてください。
風も強く、吹雪にも注意が必要です。特に、北海道の留萌地方と石狩地方では暴風雪となり、見通しがかなり悪くなる所があるでしょう。
北陸から山陰にかけて、断続的に雨や雪。標高の高い所は積雪のおそれがあり、峠越えの車は冬の装備が欠かせません。平地も一時的に雪がまじって初雪となる可能性があります。

関東甲信は雲が広がりやすく、所々でにわか雨があるでしょう。
東海以西の太平洋側と九州は日差しが届きますが、冷たい北よりの風がときおり強めに吹きそうです。
沖縄は雲が多く、一部で雨が降るでしょう。

予想される雪の量

画像C

あす2日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で
●北海道
日本海側北部60センチ
日本海側南部50センチ
●東北
日本海側の山沿い30センチ
日本海側の平地20センチ

その後、2日の日中から夜にかけても断続的に雪が降り、さらに積雪が増える見込みです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp