サイト内
ウェブ

東北 30日夜から劇的に寒くなり 平地も積雪へ シーズン初めの事故に注意

  • 2022年11月29日
  • tenki.jp

師走のスタートと共に、東北は一気に冬が訪れます。30日夜には日本海側から雪に変わり、週末にかけて平地でも積雪の恐れがあります。30日は気温も急激に下がるため、帰宅時間は冬コートが必要です。雪のシーズン初めは車の事故も増えますので、いつも以上の安全運転をお願いします。

今夜(29日) 広く本降りの雨

画像A

今夜29日は寒冷前線が通過するため、東北地方は広く雨が降り、日本海側を中心に雨脚が強まるでしょう。海上は強風・高波に注意が必要で、福島沖では暴風に警戒が必要です。
この雨を境に、冬の冷たい空気が東北まで流れ込みます。

30日夜 日本海側から本格的な雪

画像B

上の図は30日午後6時の雨と雪、風の予想です。雪を表す緑や黄色、赤が増え、赤ほど降り方が強まることがわかります。
30日夜からは日本海側は広く雪に変わる見込みです。山沿いを中心に本格的に雪が降り積もり、平地でも積雪の恐れがあります。帰宅時間は青森、秋田県の市街地でも雪が降り、遅れていた初雪の便りも届きそうです。車は冬タイヤが必須で、靴も滑りにくいものを選ぶようにしてください。

30日午後 気温が急降下

画像C

30日は、気温も劇的に下がります。
上のグラフは仙台の気温の予想です。29日の最高気温は20℃を超えましたが、30日は正午に16℃ほど。午後は急激に気温が下がり、午後6時には10℃を下回るでしょう。風も強まり、体感はさらに低くなります。各地で朝より夜の方が気温は下がります。朝は少し暑いくらいで良いので、夜に備えてしっかり着込みましょう。

週間 日本海海側の雪と寒さが続く

画像D

暖かかった11月と帳尻を合わせるように、12月に入るとこの時期本来の寒さが続きそうです。
体には負担が大きくなります。入浴時は脱衣所を温めるなど、ヒートショックにも気をつけましょう。
日本海側を中心に断続的に雪が降り、少なくとも2日頃にかけて平地でも積雪が増える恐れがあります。

雪道・凍結 シーズン初めは特に注意

画像E

シーズン初めは車の事故が多くなるため、いつも以上の安全運転をお願いします。東北北部や日本海側を中心に冬タイヤが必須となり、宮城、福島の平地でも濡れた路面が凍結する恐れがありますので注意が必要です。
急のつく運転は避け、時間に余裕を持ちましょう。橋の上やトンネルの出入り口付近は特に凍結しやすいため注意してください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp