サイト内
ウェブ

九州 29日は大気不安定で局地的に激しい雨 30日から急に本格的な寒さに

  • 2022年11月29日
  • tenki.jp

きょう29日、九州は大気の状態が非常に不安定です。九州南部は午後も局地的に激しい雨が降るでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、雨の降り方にご注意下さい。あす30日から強い寒気が流れ込み、急に本格的な冬の寒さが訪れます。急激な気温変化にも注意が必要です。

29日夜の初め頃まで局地的に激しい雨

画像A

きょう29日、対馬海峡付近を進む低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州は大気の状態が非常に不安定となっています。

29日未明から昼前にかけて、九州南部付近を中心に発達した雨雲がかかり、1時間に鹿児島県屋久島町尾之間で57.0ミリ、鹿児島県鹿屋市吉ケ別府や日置市で51.0ミリ、宮崎県日南市油津48.5ミリなど、非常に激しい雨や激しい雨が降りました。

この後いったん雨の止み間もありますが、午後は前線の通過に伴い再び雨が降りやすくなり、宮崎県は昼過ぎまで、鹿児島県は夜のはじめ頃まで雷を伴い激しく降る所があるでしょう。発達した積乱雲の下では落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。

また、今夜は北よりの風が次第に強まってくるでしょう。海上は波が高く、しけてくる所もありますのでご注意下さい。

30日から気温急降下

画像B

あす30日、九州付近は冬型の気圧配置になり、次第に寒気の流れ込みが強まってくるでしょう。あす30日は午前より午後と気温が急降下してくる見込みです。そして12月1日(木)は九州北部の上空1500m付近には-6度〜-8度と真冬並みの寒気が流れ込んでくるでしょう。1日(木)をピークに、2日(金)にかけて寒気が流れ込むでしょう。

あす30日から12日2日にかけて、九州北部の最高気温は11度前後で、10度を下回る所もあるでしょう。冷たい北風が吹き、体感的には気温以上に寒くなります。急に本格的な冬の寒さが訪れますので、冬支度をすませておきましょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp