サイト内
ウェブ

関東南部・東海・近畿は紅葉見頃も 29日(火)〜30日(水)雨風強く荒天のおそれ

  • 2022年11月27日
  • tenki.jp

きょう27日(日)現在、関東南部や東海、近畿では紅葉が見頃の所が多くなっています。あす28日(月)にかけて晴れる所が多く、紅葉狩り日和が続きますが、29日(火)〜30日(水)は雨風が強まり荒れた天気になりそうです。紅葉狩りができる日も残り少なくなってきそうです。

関東南部や東海、近畿で広く紅葉見頃

画像A

木々は落葉シーズンに入り、紅葉が見頃のエリアは一時に比べて、だいぶ少なくなってきました。
きょう27日(日)現在、関東南部や東海、近畿では、まだ紅葉が見頃の所がいくつかあります。

東京都の井の頭恩賜公園や旧古河庭園、神奈川県の三溪園、埼玉県の嵐山渓谷、千葉県の成田山新勝寺、静岡県の熱海梅園、愛知県の東山動植物園、京都府の嵐山などの紅葉名所で見頃となっています。

また、東京都の芝公園、千葉県の養老渓谷、京都府の元離宮二条城などが色づき始めとなっていて、これから楽しめる所もありそうです。

29日(火)〜30日(水)は紅葉を散らす風雨

画像B

あす28日(月)にかけて晴れる所が多く、紅葉狩り日和が続く見込みです。ただ、紅葉をゆっくり楽しむ最後のチャンスとなりそうです。

あさって29日(火)〜30日(水)は、前線を伴った2つの低気圧が、発達しながら日本海北部と本州付近を進む見込みです。
全国的に雨や風が強まるでしょう。低気圧の発達度合いによっては、大荒れの天気となるおそれがあります。外出の際は十分ご注意ください。

雨の後は寒気が南下し、12月1日(木)は全国的に一気に冬の寒さになるでしょう。
北海道は広い範囲で、今シーズン初めて一日中氷点下の真冬日となり、東京や名古屋、大阪も10℃を少し超える程度で、ダウンコートが欲しいくらいの寒さです。西日本からは、初雪の便りが届くかもしれません。

暖かな日に、ゆっくりと紅葉狩りができる日は、きょう27日(日)とあす28日(月)限りになりそうです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp