サイト内
ウェブ

29〜30日は雨風強まり荒天の恐れ 12月は寒気襲来 本格的な寒さ 日本海側は雪

  • 2022年11月25日
  • tenki.jp

29日(火)から30日(水)は低気圧や前線の影響で広く雨や風が強まり、荒れた天気になるでしょう。その後は冬型の気圧配置になり、平地でも雪を降らせるような寒気が西日本まで流れ込んでくる予想です。日本海側は雪が降り、太平洋側も北風が冷たくなるでしょう。本格的な寒さになりそうです。

29日(火)から30日(水)は荒天

画像A

29日(火)から30日(水)にかけて低気圧が発達しながら北東へ進み、前線が日本付近を通過するでしょう。低気圧や前線に向かって、雨雲のもととなる暖かく湿った空気が流れ込みそうです。

29日(火)午前中に日本海側から雨が降りだし、次第に太平洋側でも雨が降るでしょう。30日(水)午前中にかけて広く雨や風が強まり、荒れた天気となる予想です。九州南部や四国から関東の沿岸部を中心に雨量が多くなるおそれがあります。

冬型の気圧配置 強い寒気が流れ込む

画像B

30日(水)午後から次第に冬型の気圧配置になるでしょう。日本列島に強い寒気が流れ込んでくる見込みです。平地でも雪を降らせるような寒気(上空1500メートルでマイナス6度以下)が西日本の日本海側まで流れ込んでくるでしょう。山で雪を降らせるような寒気(上空1500メートル付近で0度以下)は太平洋側まで南下する予想です。

北海道や東北の日本海側は雪が降り、山沿いを中心に降雪量が多くなるおそれがあります。平地でも所々で積雪となりますので、車は冬の装備で、路面状況の変化にご注意ください。北陸から山陰でも雪が降り、初雪となる所がありそうです。

急に本格的な寒さ

画像C

29日(日)頃までは暖気が優勢で、最高気温・最低気温ともに平年より高い所が多いでしょう。その後は日本海側から寒気が流れ込み、一気に本格的な寒さになりそうです。最高気温・最低気温ともに平年より低くなるでしょう。

北海道は真冬日(最高気温0度未満)に、東北も最高気温は5℃くらいで震えるような寒さになりそうです。北陸から九州北部でも10℃に届かなくなるでしょう。関東から九州南部でも10℃を少し超える程度となりそうです。年末年始頃の寒さの所が多いでしょう。北よりの風が強く吹いて、いっそう寒く感じられそうです。

季節外れの暖かさから一転、急に冬の寒さになりそうです。暖房器具の点検やコートの準備をするなど、冬支度を進めると良いでしょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp