サイト内
ウェブ

東海地方 来週は 前半と後半で寒暖差大 12月のスタートは本格的な冬の寒さに

  • 2022年11月25日
  • tenki.jp

東海地方は、きょう25日も、過ごしやすい陽気となりました。来週も、この時期としては暖かな陽気が続きますが、12月のスタートと共に、一気に冬の寒さが到来しそうです。

土日の天気は?

画像A

土曜日は、すっきりしない天気で、にわか雨の所がありそうです。一方、日曜日は、広く晴れるでしょう。
【26日(土)】
今夜から湿った空気の影響で、次第に雲が広がる見込みです。あすは、湿った空気の影響で朝から雲が多く、所々で雨が降るでしょう。午後になると、晴れ間の出る所もありますが、夕方から夜にかけては、寒冷前線が通過するため、岐阜県の飛騨北部を中心に、再び雨の降る所がある見込みです。大雨の心配はありませんが、お出掛けには、折り畳みの傘があると安心です。
【27日(日)】
日曜日は、冬型の気圧配置となるため、スッキリと晴れる所が多いでしょう。ただ、静岡県では、午後から局地的な前線の影響で、少し雲が多くなりそうです。また、沿岸や海上を中心に、北寄りの風が強く吹くため、船舶などは注意して下さい。

12月は一気に冬の寒さに

画像B

週明け、28日(月)も高気圧に覆われて晴れますが、29日から30日頃は、湿った空気や、低気圧や前線が本州付近を通過する影響で、広く雨が降るでしょう。まとまった雨となる可能性があるため、今後の情報に注意して下さい。そして、この雨を境に、寒気が流れ込んでくるため、気温が急降下する見込みです。高山市では、1日以降、雪雲や雨雲が流れ込む時間がありそうです。来週は、前半と後半で寒暖差がかなり大きくなるため、体調を崩さないよう気をつけましょう。

2週間天気後半:3日(土)〜8日(木)

画像C

2週間天気後半は、時折りまとまった雨となる日がありますが、晴れる日が多そうです。ただ、岐阜県の飛騨地方では、雪雲や雨雲が流れ込む日がある見込みです。
気温は一旦上がって、晴れれば、日中は比較的過ごしやすいでしょう。7日以降は、寒気の影響で再び気温が下がりそうです。8日の最高気温は、名古屋で9℃と一桁の予想で、真冬並みの寒さとなるでしょう。冬用のダウンや、車の冬用タイヤ、暖房器具などの準備がまだな方は、この土日に済ませておくのがよさそうです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp