サイト内
ウェブ

西日本に冬到来 西日本最高峰の石鎚山、第二の高峰の剣山で「雪」

  • 2022年10月25日
  • tenki.jp

きのう24日からきょう25日にかけて、日本の上空にはこの時季としては強い寒気が流れ込み、愛媛県の石鎚山と徳島県の剣山の山頂付近では今季初めて雪が降りました。

西日本最高峰・愛媛県の石鎚山、第二の高峰・徳島県の剣山で「雪」

きのうからきょうにかけて、日本の上空にはこの時季としては強い寒気が流れ込んで、大気の状態が不安定となりました。この影響で、石鎚山と剣山の頂上付近では昨夜から今朝にかけて雪が降り、冬の景色に包まれました。
剣山頂上ヒュッテの方のお話によると、初雪は昨年(10月22日)より2日遅くなったということです(気象台による公式の観測ではないため、気象観測としての「初雪」とは異なります)。

石鎚山は、愛媛県西条市と久万高原町をまたぐ標高1982mの西日本の最高峰です。日本七霊山の1つに数えられる国定公園で、空海も修行に訪れた山岳信仰で有名な山です。

また剣山は、徳島県西部に位置し、標高1955mで石鎚山に次ぐ西日本第二の高峰であり、一帯は剣山国定公園に指定されています。

山へ行かれる方は冬装備が必須です。天気や気温をしっかりとチェックして出掛けましょう。

あす以降、寒気は抜けて、しばらく秋晴れ続く

画像B

四国では寒気の影響で、きのうからきょうにかけて平地でも瀬戸内側を中心に、あちらこちらで雨や雷雨となりました。
今回の寒気は一時的で、あす以降は寒気は抜けて、週末にかけて高気圧に覆われておおむね晴れるでしょう。寒さは次第に緩んで、日中は20度を上回り、日差しの下で過ごしやすい陽気がしばらく続きそうです。ただ、晴れる日は、夜間に地上の熱が上空に逃げる放射冷却現象が強まるため、朝は冷え込みます。一日の気温差が大きくなりますので気をつけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp