サイト内
ウェブ

続く台風シーズン 沖縄は熱帯低気圧の動向に注意 本州への影響は

  • 2022年10月14日
  • tenki.jp

南シナ海にある台風19号は日本への影響はありませんが、日本の南には複数の熱帯低気圧があります。沖縄は熱帯低気圧の動向によっては、17日頃から大雨となるおそれもあります。

まだ続く台風シーズン

画像A

14日15時に南シナ海で発生した台風19号(トップ画像の赤丸)は、ベトナム方面へ向かうため、日本への影響はない見込みです。ただ、14日17時現在、日本の南には複数の熱帯低気圧があります。ひとつは南鳥島近海にある熱帯低気圧(トップ画像のピンク丸)で、こちらは今後24時間以内に台風へと発達する予想です。台風となった後も南鳥島近海で動きが遅いため、すぐに日本に影響を及ぼすことはない見込みです。

沖縄は大雨のおそれも

画像B

注意が必要なのは、もうひとつの熱帯低気圧(トップ画像の黄色丸)です。こちらは台風へと発達するかは分かりませんが、沖縄ではすでにこの熱帯低気圧周辺の湿った空気の影響で、雨の降っている所があります。この熱帯低気圧はゆっくり西へ進んでおり、沖縄ではこの土日も引き続き湿った空気の影響を受けるでしょう。局地的に雨雲や雷雲が発達し、雨脚が強まることもありそうです。この熱帯低気圧の動向によっては17日から18日頃に先島諸島で大雨となるおそれもあります。tenki.jpで最新の情報を確認してください。

本州への影響は

画像C

本州ではこれらの熱帯低気圧の直接的な影響はない見込みです。ただ、17日(月)から18日(火)にかけては本州付近を前線が通過する予想で、台湾の南へと進む熱帯低気圧周辺の湿った空気が流れ込むことで、前線の活動が活発になることも考えられます。この週末は天気予報をこまめに確認するとよいでしょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp