サイト内
ウェブ

東海や関東 地盤が緩んでいる所も 台風15号の影響を受けた静岡なども注意

  • 2022年10月7日
  • tenki.jp

きょう7日、東海から東北を中心に雨雲がかかっています。東海や関東南部では、これまでに降った雨で、地盤が緩んでいる所があります。先月9月に台風15号の影響を受けた静岡県なども、注意が必要です。

東海や関東付近に発達した雨雲 地盤が緩んでいる所も

画像A

きょう7日、東海から東北を中心に雨雲がかかっており、東海や関東付近では雨雲が発達している所があります。
午後5時までの6時間降水量の最大値は、静岡県御殿場市で59.5ミリ、神奈川県箱根町、神奈川県小田原市で58.5ミリなどとなっています。
東海や関東南部では、これまでに降った雨で、地盤の緩んでいる所があります。

先月9月に台風15号の影響を受けた静岡県なども、注意が必要です。

雨の見通し

画像B

このあと、東海は雨のピークは過ぎますが、夜にかけて降り続く所があるでしょう。
関東甲信では、夜のはじめ頃(午後9時頃)にかけて発達した雨雲がかかることがある見込みです。
東北は夜遅くにかけて雨が降り続く所が多いでしょう。

地盤が緩んでいる地域では、急な斜面など危険な場所には近づかないようにしてください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp