サイト内
ウェブ

北陸 三連休の天気 また崩れる スポーツの日は海上を中心に荒れる可能性も

  • 2022年10月7日
  • tenki.jp

メイン画像

あすからの3連休も天気は全般にすっきりしないでしょう。スポーツの日は発達する低気圧の影響で荒天の可能性があります。最新の天気予報を確認するようにして下さい。

10日スポーツの日は発達する低気圧の影響でまとまった雨 荒れた天気となる可能性も

画像A

8日(土)は、低気圧や前線は日本の東の海上へ抜けて、一時的に西高東低の気圧配置となる見込みです。午前中を中心に雨が残りますが、北陸西部の福井や石川方面から次第に雨は止むでしょう。ただ、その後も雲が広がりやすく、北よりの風が沿岸部を中心にやや強く風が冷たいでしょう。最高気温は引き続き平年より低い見込みです。

9日(日)の北陸地方は、北から高気圧に覆われる見込みです。天気は一旦回復して北陸東部の新潟を中心に日差しが届きそうです。上空の寒気は次第に弱まりますが、朝にかけては放射冷却現象が強まり、この秋一番の冷え込みとなる所もありそうです。ただ、最高気温はほぼ平年並みとなり、日中の季節外れの寒さは解消されそうです。その後、西から天気は下り坂となり、北陸西部の福井や石川では夜には雨が降り出すでしょう。

10日(月・祝)は、低気圧が発達しながら沿海州方面を進み、前線が北陸地方を通過する見込みです。午前中を中心に雨が降り、まとまった雨となるでしょう。前線の通過する前後を中心に雨脚の強まることもありそうです。風が強まり海上を中心に荒れた天気となる可能性もあります。影響は北日本方面が中心となる見込みですが、連休中で広域の移動を計画されている方は交通ダイヤの乱れなどには注意し、最新の天気予報や道路情報などを確認するようにして下さい。

この先も平均気温は高めの傾向だが一雨ごとに季節が進み気温が変動する

画像B

昨日6日、新潟地方気象台から発表された最新の1ヵ月予報では、この先も暖かい空気が流れ込みやすく気温は高めの予想となっています。

この先は、
①「気圧の谷が近づいて暖かい空気が流れ込む」
②「気圧の谷に伴う降水がある」
③「気圧の谷が東へ抜けて西高東低の冬型の気圧配置となり大陸から寒気が流れ込む」の①②③を繰り返しながら、一雨ごとに寒気が流れ込み季節が進んでいくことになります。

この過程で、1ヵ月平均の気温は平年より高くても、日々の気温に着目すると「平年より高い」日も「平年より低い」日も現れることになります。これから先、週間予報の雨マークが気温が低下する目安となりますので注目して下さい。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp