サイト内
ウェブ

関西 三連休は天気が小刻みに変化 肌寒さは次第に和らぐ

  • 2022年10月7日
  • tenki.jp

関西では、明日8日(土)は中部や南部で晴れ間が広がるでしょう。北部でも次第に天気は持ち直す見込みです。ただ、9日(日)は早くも天気が下り坂に向かい、夜は広い範囲で雨が降るでしょう。10日(月)スポーツの日も雨が降りやすく、雨脚が強まる時もある見込みです。

明日8日(土)は中部や南部はまずまずの行楽日和 9日(日)と10日(月)は再び雨

画像A

明日8日は、日本海を進む移動性の高気圧に覆われるでしょう。北部では午前中は湿った北風の影響で雨が残りますが、午後は天気が多少持ち直す見込みです。中部や南部では晴れ間が広がり、まずまずの行楽日和になるでしょう。
9日は高気圧が足早に東へ遠ざかり、西から気圧の谷が近づく見込みです。天気は早くも下り坂に向かい、夜は広い範囲で雨が降るでしょう。
10日スポーツの日は低気圧が日本海を進み、低気圧から延びる寒冷前線が近畿地方を通過する見込みです。10日も広く雨が降り、前線が通過するタイミングは雨脚が強まる所もあるでしょう。

11日(火)以降は天気が回復 肌寒さも和らぐ

画像B

連休明けの11日(火)には天気が回復し、14日(金)にかけてはおおむね晴れる見込みです。明日以降は昼間の肌寒さは一段落し、25度以上まで気温が上がる日もあるでしょう。半袖の服はすべて仕舞わず、いくつか残しておくと良さそうです。日々の気温の変化が大きいため、体調管理には十分お気を付けください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp